【スゴ馬】乙女の戦いは激しい!阪神JF

阪神コースが改装となり、外回りコースが誕生して2年。スタート位置の変更や長くなった直線の影響もあるのだろう、一昨年の勝ち馬ウオッカに続いて去年の勝ち馬であるトールポピーも後にクラシック制覇を成し遂げた。

081127sugouma_001

【データは2008年12月11日16:00】

2歳牝馬のチャンピオンを決める戦いは、地力のある馬が活躍できるレースになりつつある……つまり、来年を占う上で重要な1戦に変貌してきているのだ。それをふまえた上で、kizasiでの検索結果をみてみると将来性を含めてブエナビスタが注目を集めている。とはいっても、

  • 「特にブエナビスタが出ると出ないでは、色々な面で影響は大きい」

と書かれているように、実は微妙な立場。抽選で通れば出走可能なのだが、今回は結構狭き門となっている。ただし、関係者コメントでも評価の高い1頭で出てくれば間違いなく人気になる存在だ。

ところで、ウオッカもトールポピーも共に1勝しかしていない状態で阪神JFを勝ったということ以外にも、前走で黄菊賞という牡馬との混合戦に出走して好勝負をしていたという共通点を持っている。そこで浮上してくるのが、前走その黄菊賞を勝っているジェルミナルだ。

  • 「確定組のみなら、ジェルミナルを中心に」
  • 「ジェルミナル強そう!」
  • 「私が期待してるジェルミナル」
  • 「(黄菊賞を)勝ったジェルミナルに注目か?」

などなど、ブエナビスタに及ばないものの注目度は高い。長い距離でも落ち着いて走るという気性の良さは、独特な雰囲気になりがちの大レースにおいても頼もしい材料。こちらの馬も人気を背負いそうだ。まだまだ他にも注目したい馬はいる。たとえば、

「前走は上がり33秒9の優秀な決め手」

が光っているダノンベルベール

「4連勝してもおかしくないできかも」

と負け知らずでここに駒を進めてきたデグラーティア

「無敗女王に1直線」

と同じく負けなしのショウナンカッサイ
など有力馬が多くて目移りしてしまう状況。ここにブエナビスタも出走してくるとしたら……今年のうら若き乙女の戦いは、まるでグラビアクイーンの座を争うような激戦となるはず。週末、競馬で激しい乙女の戦いを堪能してみてはいかがだろうか?

(高瀬 環)

—–

■関連記事

強い競馬を見たいJCダート
見どころ満載ジャパンC
蜂の一刺し!マイルCS
雪辱をはらす!エリ女杯

■ブログの書き込みから競馬予想
スゴ馬

■kizasi.jpで見る
ブログで話題の「阪神ジュベナイルフィリーズ」

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>