ついに決定!人気投票を制したのは!?

有馬記念ファン投票の結果が発表されました。年末に行われる大レースで「グランプリ」とも呼ばれる伝統の1戦。

順位 馬名 投票数
1 ウオッカ 136,619
2 ダイワスカーレット 131,460
3 メイショウサムソン 113,124
4 マツリダゴッホ 110,192
5 ディープスカイ 109,966
6 オウケンブルースリ 77,512
7 カワカミプリンセス 65,554
8 アサクサキングス 60,796
9 カンパニー 35,755
10 ポップロック 32,682
11 ドリームジャーニー 31,396
12 エイシンデピュティ 31,367
13 ドリームパスポート 30,782
14 ユキチャン 25,724
15 スーパーホーネット 24,695
16 アルナスライン 23,127
17 インティライミ 21,292
18 ポルトフィーノ 20,884
19 リトルアマポーラ 20,711
20 マイネルチャールズ 19,724

投票により選出された馬が競うというオールスター的な意味合いも含まれており、年の瀬も迫った時期に行われるお祭りムードたっぷりのG1競走だ。まだ先のレースにも関わらず、有馬記念で検索をかけてみるとジワジワとヒット数が増えているのがわかるだろう。

081212sugouma_001

【データは2008年12月12日15:30】

さて、ファン投票1位に選ばれたのはウオッカでした。なのですが、早々に有馬記念回避を表明。

  • 「ウオッカは有馬記念を回避するので残念です」
  • 「残念(涙 」
  • 「メンバー的に魅力半減」

と、人気馬の出走が叶わないのはファンとして残念だ。それでも13万以上の票を集めるのだから、その人気ぶりはすごいものがある。そんなウオッカと人気を2分するほど票を集めたのは、2位のダイワスカーレットだ。この2頭といえば秋の天皇賞。

  • 「後から思えば思うほど今回の天皇賞は見る事が出来てラッキーだった! 」
  • 「2008年11月2日の天皇賞は忘れられない思い出のレース」
  • 「伝説に残る名勝負」

など、軽く読み返しただけでもあの興奮が蘇ってくるような感覚。もちろんダイワスカーレットだけで検索をかけてみても、ヒットするのは天皇賞のことが多く、

  • 「ダイワスカーレットは化け物だ」
  • 「負けはしたものの強さを証明したダイワスカーレット」
  • 「惚れ直した」

など、その走りにあらためて驚かされた人が多い。ファン投票においても5000票差という接戦! どこまでいってもライバル関係なのかもしれない。しかし。意外なことにkizasi調べによる2008年の書き込み数ランキングで見てみると、

【ブログの書き込み数でみる、人気競走馬ランキング】

1 ウオッカ
2 アドマイヤメイン
3 ディープスカイ
4 アサクサキングス
5 レジネッタ
6 メイショウサムソン
7 マイネルチャールズ
8 トールポピー
9 リトルアマポーラ
10 スズカフェニックス
11 スマイルジャック
12 ダイワスカーレット
13 カンパニー
14 スーパーホーネット
15 オウケンブルースリ
16 タケミカヅチ
17 ヴァーミリアン
18 アドマイヤフジ
19 ベッラレイア
20 ローレルゲレイロ

【ランキングは2008.1.1〜12.11の間で検索結果の多かった順位】

1位ウオッカに対してダイワスカーレットは12位。出走回数が影響しているのだろうが、思った以上の差がついてるのだ。ここは出走を予定しているだけに、一発派手な花火でも打ち上げて差を詰めてもらいたい気もする。

ファン投票3位はメイショウサムソン。有馬記念がラストランということで、感動の結果を期待している人もいるだろう。今年は結果を残せていないが、書き込みランキングでも6位と上位をキープ。有終の美を飾ることができるか注目があつまる。去年のグランプリホースであるマツリダゴッホはファン投票4位。ジャパンカップでは4着までだったが、なんといってもこの馬、有馬記念が行われる中山コースが得意な馬で有名。

  • 「中山2500専用馬のマツリダゴッホ」
  • 「マツリダゴッホ、人気になるんだろうなあ」
  • 「有馬は一番人気でしょうね」

なんて、ジャパンカップ終了した時点で書かれていたりする。本番が近づけば近づくほど注目を集めそうな存在だ。ところが、何故かブロガーにはあまり人気はなく書き込み数ではなんと24位。ファンの人気と書き込み数は決して比例するわけじゃなさそうだ。

ファン投票5位・書き込み数3位のダービー馬ディープスカイ、ファン投票6位の菊花賞馬オウケンブルースリは回避予定。この辺りは仕方ない部分があるとはいえ、ファン投票の意味が薄れかかっているように感じてしまうのも事実。ファンあっての競馬ということを少しは考えてもらいたいと思うところ。

そして、ジャパンカップで誕生したヒーローことスクリーンヒーローはファン投票50位、書き込み数44位とさすがに時期が浅すぎるためか、かなり下位である。とはいえ、こちらは出走を表明している存在。ジャパンカップでの激走については

  • 「スクリーンヒーローはさすがに買えなかった」
  • 「あれだけ気になっていた、スクリーンヒーローと心中できず」

と、ブロガーたちもお手上げな人が多かった。ウオッカやディープスカイをおさえて優勝をフロックとみるか、それとも実力と捕らえるべきか……大いに悩むべきポイントだろう。ちなみに、スクリーンヒーローの父は有馬記念連覇を果たしたグラスワンダーだったりもするのも興味深いところ。

有馬記念であなたの応援する馬は決まりそうですか? 開催当日まで。時間をかけて悩むのも楽しいものですよ。

(高瀬 環)

—–

■関連記事
乙女の戦いは激しい!阪神JF
強い競馬を見たいJCダート
見どころ満載ジャパンC
蜂の一刺し!マイルCS

■ブログの書き込みから競馬予想
スゴ馬

■kizasi.jpで見る
ブログで話題の「阪神ジュベナイルフィリーズ」

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>