「定額給付金」何に使う?

定額給付金の財源を確保する国の第2次補正予算関連法が3月4日に成立。各市町村による給付手続きがスタートした。さまざまな論議を巻き起こした定額給付金だが、いましきりに巷で語られているのは、いったい何に使うのかということだ。

ブログをチェックしてみると、

・家族会議を開いてどうしようか話し合ってますがカミさんのエステ代になりそうな…
・特別、何かに使うって予定はなし。でも、生活してるうちに勝手になくなるはず
・家族の給付金を合わせてテレビを買い換えることにしました!

などの意見が目立つ。

たいした経済効果はないのでは?選挙を控えた人気取り施策支給対象となる2兆円はもっと別の有効な使い道があるはず、など批判的な意見が多かったはずだが、いざ支給されるとなると、それならばと使い道を検討しはじめたということなのだろうか。

もちろん、批判的な立場を貫く人もいる。

・麻生太郎が"さもしい"と表現した給付金だぜ!?もらわないよ。さもしくないから
・あとで税金でもっと回収されるだけなのに。なぜ、気づかない!?
・国の赤字、また増やすだけ。誰がいったいツケを支払うんだ…

旅行会社やホテルなどでは、1万2千円、2万円ぴったりのサービスを打ち出すところもぞくぞくと登場。このあたりはまさに商魂たくましいとしか言いようがない。

降って湧いた感覚が強い給付金なだけに、もらうと決めた人にはパーッと使ってしまおうという意見が目立つのも確かだが、高い志を表明する人も。

・ガザ地区の支援を行う団体に寄付します。今考えられる一番有効な使い道だと思うから
・ニート、フリーター問題に取り組むNPOに寄付します

誰が何に使おうが、文句を言われる筋合いはないだろう。しかし、いったいこのお金がどこからやってきたものなのか。そして、降って湧いたお金だからこそ、何に使うべきなのか。

浮かれてパーッと使うのもいいけれど、政治や経済にきちんと向き合う機会と捉え、改めてその意味を考えたい。

(井上晶夫)


■関連記事
自炊ブーム到来!?不景気が食生活を変える
今後も気になる「世界一素晴らしい仕事」
副業に追い風も詐欺に御用心

■「井上晶夫」の他の記事を読む
「キモかわE!」って、エロゲですか?
TBSラジオ「ストリーム」も終了
前衛集団?「キュートン」の魅力

■kizasi.jpでみる
最新の「定額給付金」

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>