おちゃべりよりもシウォンのささやき

TBS系の昼ドラ枠はひとまず3月いっぱいで終了してしまう。午後1時からの「愛の劇場」は人気シリーズの「大好き!五つ子」のパート11がトリをつとめている。

では、1時半からの「ひるドラ」はというと、ラストにして新たな試みとして1話完結形式の「おちゃべり」が放送中だ。

・おちゃべりというのをたまたま見たら何だか面白い(笑)
・おちゃべりってのがめちゃ好きo(^▽^)o
・おちゃべりってみました?これ、すっごくいいです

ブログでも好評の声が目立つ「おちゃべり」。1つのセットで話が展開する生放送ドラマ風で、昔やっていた三谷幸喜脚本の「HR」っぽい珍しいタイプのドラマだ。公式サイトを見たところ、1話を1日で順撮り(脚本に書かれた順番どおりに撮影)しているらしく、毎回のゲスト出演者にも「舞台に近い感じ」「面白い企画」と楽しまれているようである。

「おちゃべり」とはご想像の通り「お茶」+「おしゃべり」のことで、舞台は喫茶店だ。主演は星野真里だが、星野、堀内敬子、峯村リエの三人組で主役といった感じ。女三人寄ればかしましいということで、タイトル通り三人がかしましくしゃべりまくるドラマである。

しかし、この三人組よりも、この人目当てで見ている人が多いかもしれないのが韓流スターのリュ・シウォン。このドラマの主題歌を担当するリュ・シウォンは、物語とは関係なく毎回番組ラストに登場するのだ。

番組セットの喫茶店でリュ・シウォンは「毎日掃除大変だね」のようなやさしい言葉を日本語で発し、「いつもありがとう」と締めくくる。「今日のささやき」と名付けられたこの15秒間は、まさにターゲット層のハートをわしづかみにしたようだ。

・これから毎日あんなささやきが聞けるかと思うと、かなりヤバいですよ
・毎日あのささやきに癒されますよね~!!
・このラスト15秒のシ・ア・ワ・セ!ファンにとってはたまんないわ

これは、ダンナさんが普段言ってくれない感謝の言葉を、リュ・シウォンが夫の代わりにささやきかけるという主婦のための企画。最初に「○○ちゃん、××ちゃん」と毎回違う女性の名前に呼びかけるところもウケているようだ。

・毎日自分の名前を呼ばれないかわくわく!
・名前・・・一文字だけかすったぁ~

と期待する声もあれば、すでに呼ばれた人も。
・昨日は私の名前呼んでくれたよ~
・子どもの頃のニックネームを呼んでもらえたのに、だのに、その回だけ、録画に失敗。ううう
まあ、盛り上がっているようでなによりのリュ・シウォンファンのみなさん。女性はいくつになっても乙女なんです。星野真里と同様に…。と、「3年B組金八先生」での星野真里の役名が乙女というのを知らないと分からないオチをささやきつつさよなら。

(芦之由)


■関連記事
TBSラジオ「ストリーム」も終了
前衛集団?「キュートン」の魅力
ツッコミどころ満載『シンケンジャー』

■「芦之由」の他の記事を読む
歌のおにいさんで話題の王子とは?
五つ子の彼女は芸歴20年美人
歴代キッズソングに親世代も大興奮

■kizasi.jpでみる
最新の「おちゃべり」または「お茶べり」

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>