皆既日食に向けて準備始まる

By: s.nkzw

By: s.nkzw

日本で46年ぶりに見られる皆既日食を1ヶ月後に控え、ブログの書き込み数も、その熱気も上昇中だ。

7月22日の11時頃、種子島南端から奄美大島北部の一帯で皆既日食が見られるということで、

・皆既日食は、死ぬまでに一度みたい物のひとつなんです
・部分日食でいいやと思ってたけど、書いてるうちに行きたくなってきたな〜

と、天文ファンを始め、募る思いから各島へ足を運ぼうとしているブロガーも多い。
完売と言われている各ツアーの説明会も始まったようで、

・これから色々と準備しなくては・・・
・カメラ機材以外にも、シュラフ・虫除け・日焼け止め・帽子等々きりがない

など、たかが数分、されど貴重な数分の神秘的な天文ショーを満喫するためにも、微細に入った準備に余念がないようだ。
また、全国各地では部分日食が見られる。現地に行けないまでも「見られる範囲で観測したい」という人や、各地で予定されているイベントも多い。

・凄く楽しみで、その日は仕事どころではないと思います
・11時くらいに窓の外を見てたら注意されるかな・・・
・仕事しながらライブ中継を楽しみますか

早くも浮き足立ち気味のコメントから察するに、当日は日食フィーバー間違いないハズ!晴れればだけど・・・。

ところで、皆既日食も部分日食も、誤った太陽の観測方法では眼を傷つけてしまうそうだ。
長時間安全に太陽を観られるよう、日食グラス/メガネの入手・作成が推奨されており、コメントも増加中である。

・日食メガネがお安く販売されていたら買うでしょう
・学校で日食メガネの作り方講座がありました

ということで、まずはメガネの準備から始めましょうか。次回は2035年、そう、26年後にまた使えるハズ・・・。

(高宮真琴)


ブログランキング&成分解析『blogram』サービス開始

関連ブロガー☆ランキング
【必見】「天体観測」を話題にしているブロガーランキング

■関連記事
宇宙ゴミに気を付けろ!
「ゲリラ豪雨」で痛感する温暖化
谷村新司・またまた宇宙人と交信?

■kizasi.jpでみる
最新の「皆既日食」

最新の「日食グラス」

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>