ヘタリア映画化でブロガー騒然!?

人気ウェブコミック『ヘタリア Axis powers』の劇場版アニメ化が決定。


【データは2009年9月30日17時50分現在】

2010年に公開予定というこの作品はブログ上で、

    ・すごく楽しみ!ファンなら絶対に観に行かないと。
    ・本気でビックリしました。デマだったら怒りますよ!
    ・最低3回は見ようね!って友達と盛り上がってます。

など、多くのコメントを集め、9月24日のkizasiランキングで第1位を獲得した。
ヘタリアとは、歴史的出来事や国民性をユーモアたっ
ぷりに描いた、ほのぼの系ショートコメディー。実在する国そのものが擬人化されており、臆病な青年“イタリア”を中心に、ドイツや日本といったキャラク
ター達が登場する。元々は作者の個人サイト「キタユメ。」でアップされていたWebマンガだったが、人気に火が付きコミックス化。シリーズ累計90万部を
突破し、今年の1月からはWeb上で毎週5分ほどのショートアニメ版も配信されている。
しかし、一部のファンからは、

    ・元々、数コマ程度のマンガなのに、2時間もネタが続くのか心配。
    ・他国からブーイングがあった作品なのに、映画にして大丈夫なのでしょうか?

といった、今回の劇場化を不安視する声も。原作の短いストーリーを元に、長編映画を作ることも大変そうだが、一番の問題点は韓国の反応である。
Webアニメ化とともにTVアニメ化の企画が持ち上がった際には、原作に登場するキャラクターの設定が、韓国を侮辱していると国会で取り上げられたり、
ネットユーザーが放送中止を求めて署名活動を行なうなどの騒動が発生。そしてTVアニメ版は“諸般の事情”のため放送中止となった。

すでに韓国のネット掲示板では、映画化に対し「製作者らに硫酸テロをしよう」という書き込みも行なわれており、今後の動向に注目が集まる。

そんなヘタリアに登場するキャラクターは、各国の国民性のイメージが反映されているというが、ブロガーは外国人を実際どう思っているのだろうか。そこで、ヘタリアの話題から離れ、各国の国民性についてのコメントを検索してみると、

    ・イタリアには、スマートに女性を口説くチョイ悪おやじがたくさん住んでいる。
    ・性に対して開放的なアメリカに移住したい。
    ・韓国人は熱しやすく冷めやすい性格の人が多いのでは?
    ・ドイツ人は、ビールを飲むときにも細かいルールがありそう。

などなど、興味深い見解がアップされていた。その信憑性はともかく、文化の違う外国人を理解しようとすることは、国際化が進む社会にとって必要なことではないだろうか。

(佐藤潮/effect)


関連ブロガー☆ランキング

【もっと詳しく】
「ヘタリア」
を話題にしているブロガー

■関連記事
人気の心理戦マンガが相次ぎ映画化
「ゲゲゲの女房」ドラマ&映画化
宮崎あおい主演で『ソラニン』映画化

■kizasi.jpでみる
・最新の「ヘタリア」

Comment

  1. 和紗 より:

    はじめまして。和紗と申します☆                         ヘタが大好きなので語らせてください

  2. alm より:

    失礼になるなら 韓国は出番無しということでお願いします。

  3. 名無し より:

    他国からブーイングがあるとか、そんなことでいちいちどうこう言ってたら、本当になにもできないよね

  4. ぬこ より:

    WEBサイト時代からのファンからしたらあまり騒がないでもらいたい。
    自重しない腐女子テラキモス。

  5. 來霧 より:

    個人的には楽しみな作品
    不憫のポスターらしきものも前売り券か何かでGETできるらしいから期待
    日頃変なことしてるから変態キャラになるんじゃないんですかね、韓国。
    ひまさんの考えは正しいかとw
    面倒なら韓国の出番なしってことでいいんじゃないんですかね?
    前に見た動画でアナウンサーが「私がヘタリアを書くなら日本を変態にしますね」っつってたけど
    書いたとしても人気は出ないだろうな、どの国からもwwww
    ひまさんの画力・アイディアあってこそのAPHなんですからね
    楽しすぎて、クリスマスネタ以外読破しました((腐関連苦手なんで
    長文失礼

  6. hona より:

    こういう話題になると必ず「私は腐女子じゃない」と’皆と違う私’アピールしてくる女が出てくるな。
    BLは嫌い自重しろ、とか誰も聞いてないから。
    同類嫌悪でしょ。

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>