みんなハマってる?!タンブリング

By: Marco Gomes

ヤンキー軍団が男子新体操部に入部し、新体操の魅力にのめり込んでいく姿を描いた熱血スポ根の青春ドラマ「タンブリング」(土曜20時〜/TBS系列)。

視聴率こそ2回目以降は10%未満と決して高くはないが(ビデオリーサーチ調べ)、ネットでの話題量は奮闘。4/17のスタートからコメント量がほとんど衰えることなく中盤を迎えている。

このドラマには、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で受賞した山本裕典や三浦翔平、「FINEBOYS」の専属モデルも勤める大東俊介、音楽グループ「AAA」のメインボーカルである西島隆弘など、今、活躍中の注目イケメンが出揃っているため、特に若い女性たちからの、

・木山役を演じている大東俊介さんにはまりました
・翔平くんは相変わらずいけめーん
・にっしー格好良かった

といった黄色い歓声がネット上を賑わせている。

ただ、熱い視線でこのドラマを見守るのはイケメンたちのファンだけかというと、

・つい親父の立場で見てしまい毎回ホロリとさせられる
・息子がドラマの影響で「体操を習いたい」と言い出しました
・熱血スポ根モノ好きなので、ウチじゃ家族全員ハマってます

と、子どもから大人まで楽しく見ている人も多い模様。

スポ根モノにありがちな“ヤンキーが何かに懸命に打ち込み、成長していく”という設定に、「ROOKIES」や「ウォーター・ボーイズ」「ごくせん」あるいは「スラムダンク」なんかを思い起こさせるというコメントも少なくないのだが、「タンブリング」には、

・ぶっちゃけ先が見える展開なのですが毎回泣いてます。なんだろ
・マジで感動して、テレビに向かって拍手しましたwwwマジ泣けたわ
・涙も鼻水も出て、番組が終わる頃には瞼が腫れてました

など、ウルウルとか涙ほろり程度でなく、号泣してティッシュが手放せない“感動”があるよう。他作品に似ていると分かっていても、一つのことにガムシャラに打ち込む姿には、やっぱり老若男女問わず、みんなグッときちゃうに違いない。

「タンブリング」とは、床やマットの上で跳躍や回転を行うトランポリン競技の一種だそうで、ドラマでは、出演者たちが一切吹き替えなしの演技を披露している。

そんな俳優陣のリアルな取り組みが伝わってくるのも、スポ根ものの魅力の一つなのかも。とにかく、

・今、一週間で一番楽しみな番組かもしれない
・番組が終わってしまったら、他に楽しみがなくなってしまうんではないか心配になる

というブロガーもちらほら。

視聴率だけでは計り知れないタンブリングの魅力・・・、奥が深そうだ。

(高宮真琴)


■ネゴトで語ろう!「ネゴトーク」
◎「タンブリング」について語ろう!

■関連記事
Motherの子役はまだ5歳
ドラマもリアルも…ときめく?同窓会

年ぶりに月9復活のキム様。その栄光を振り返ってみた!

ブレイク確
定!?韓流アイドル「BIG BANG」


快痛快「怪物くん」は嵐の大野がハマリ役!?


々に謎が明かされていく実写版『GANTZ』の実態

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>