どこまでかっこいいんだ、伊勢谷友介

現在公開中の映画『あしたのジョー』で、ジョーのライバル力石徹を好演しているあの男に、今熱い注目が集まっている。その男の名は伊勢谷友介!



【データは2011年2月17日14時00分】

彼の端正なルックスとそこはかとなく漂う妖艶な色気には多くのブロガーたちも

・本当に美しいです。もう鼻血出ちゃう(爆)
・伊勢谷さんのべっぴんなお顔立ちが好き。やっぱイケメンはいい!
・笑い皺なんかも滅茶苦茶色っぽいわぁ☆

と、すっかり魅了されている様子。
確かに、すっきりとシャープな顎のラインや、凛と涼しい瞳の美しさはまるで彫刻のよう。何だかありがたいものでも見ている気分になる。一体何をどうしたら、こんな美しいお顔になれるの?!という疑問はさておき、彼の経歴をざっと紹介しよう。

1976年5月29日生まれ、東京都出身。1998年、映画『ワンダフルライフ』でデビューし、『嫌われ松子の一生』『クローズド・ノート』『龍馬伝』などの作品を経て、じわじわと注目を集めてきた。

そんな彼の魅力は美しいお顔だけではない。

・伊勢谷友介の演技って、何かすっごい引き込まれる。
・眼力がハンパなぃ! 眼で訴えかける役者って感じ。
・まさに俳優の雰囲気。演じている姿に圧倒的な存在感を感じる。

と演技力にも絶賛の嵐。女性ファンは完全にノックアウト状態だ。

ノックアウトと言えばやっぱり、映画「あしたのジョー」。根強い人気を誇るキャラクター、力石徹を演じた彼は、プロボクサー並みの過酷な減量を実行。体脂肪率3%というセクシーすぎる肉体を作りあげる。これには男性ブロガーたちも大興奮で、

・男だけど見とれてしまった。
・鬼気迫る演技と研ぎ澄まされた体作りには圧倒されまくり。
・ディティールってよりも雰囲気の似せ方に感動。伊勢谷の俳優魂を見た!

などなどの感嘆の声があがっている。

またイギリスヘの留学経験もある彼。2007年には三池崇史監督の映画『スキヤキ・ウエスタンジャンゴ』で全編英語の台詞を演じたほか、2009年フェルナンド・メイレレス監督の映画『ブラインドネス』でも流暢な英語を披露。美男子で、演技力もあって、その上英語もできちゃうなんて、そりゃ世の中が放っとくわけない。

そういえば昨年暮れ頃から何かと騒がれている水嶋ヒロもそんなプロフィールだったような。
どうか、あっという間に素敵な女性とゴールイン!なんてことになりませんように。もう少し世の女性たちに、夢を見させてくださいな。

>
(出羽 恵実子/effect)


■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
「伊勢谷友介」について寝言を言ってみる・・・

 

■関連記事
実写映画「あしたのジョー」に渦巻く不安と期待!

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>