堂本剛の公式サイトが大変なことに!

KinKi Kidsのメンバーとして、そしてジャニーズ事務所所属のトップアイドルのひとりとして知られる堂本剛。


彼の魅力は幅広く、歌って踊れるアイドルであることはもちろん、しゃべりもいけるほか、さまざまなアーティスティックな活動や考え方なども注目を集める。ときにその自由さはファンを置き去りにすることもあるほどエキセントリックだが、今回の公式ウェブサイトのリニューアルも、かなりぶっ飛んだ内容で話題となっている。

【データは2011年4月12日20時00分現在】

公式サイトのリニューアルが行われたのは4月5日。翌日のソロシングル「縁を結いて」をリリースタイミングに合わせてリニューアルされたことになる。

新しくお目見えしたサイトは、

・うわっ……
・……なんか気持ちが悪いな
・堂本wwwwwwwwwwwwwwww

と、見る者の言葉を奪うような、なんとも言えない迫力あるデザイン。
実際に見てもらのが一番だと思うのだが、天地創造を思わせるようなシュールな世界観の中に、細かくうじゃうじゃと人間がうごめいており、かなり不気味だ。
正直言って、筆者には意味がまったくわからなかった。

・なにか悩んでいるのでしょうか。ちょっと堂本氏のことが心配です
・剛くんのファンですが、さすがにこれはどうかと思ってしまいましたwww
・少なくともアイドルの公式サイトではないですね、それだけは言える!

ファンまでも困惑させるホームページだが、どうやらここに表現された世界観は、「SHAMANIPPON」と言うらしい。
公式サイトには、


SHAMANIPPONは… ぼくの「身体」のなかにある。
信じればきみの「身体」のなかにも現れる直感力のくに。
「直感力」なんです。
「直感力」って美しい。

と、堂本剛自身による解説文が掲載されている。

・SHAMANIPPONは、「SHAMAN(祈祷師)」と「NIPPON(日本)」を組み合わせた造語らしいよ
・雑誌などでシャーマンニッポン共和国建設構想はちょいちょいしゃべってたけど、そのひとつ?
・つかみどころのない想像力の広がりは、さすが剛君という感じ。これからが楽しみ!

個性的なメンバーが多数所属するジャニーズアイドルの中でも、ひときわ異才を放つ堂本剛。彼のスタンスに批判的な意見もあるけれど、毎度毎度その活動から目が離せないのも事実であり、ついていくファンが多いことはよくわかる。

公式サイトは、“さぁ…入国を。”と、誘いの言葉で締められているが、筆者は正直、どうすれば入国できるのかはよくわからなかった。とりあえずは、しばらくSHAMANIPPONの外から、その様子を観察することにする。みなさんはいかがだろう、入国のための心の準備はできただろうか…?

(イノウエアキオ)


■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
「堂本剛」について語ろう!

■関連記事
ものまねで感動させる青木隆治の魅力

Comment

  1. 華子 より:

    堂本剛さんへ
    私と付き合ってほしいので、菊池亜希子さんの事を諦めてほしいです。

  2. 華子 より:

    たくましい歌声をファンのみんなの前で、歌ってほしい。

  3. 鈴香 より:

    頑張って下さい。仕事は、大切だからね。

  4. 鈴香 より:

    コンサートに行く時は、メールしてから行かせてもらいます。

  5. 鈴香 より:

    ファンとして大阪から応援しています。

  6. 鈴香 より:

    歌って踊って盛りあげてほしいですファンのみんなに。

  7. 鈴香 より:

    みんなの目の前で、歌って踊りたくなるいい曲を流してほしいです。

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>