映画もアニメも感動的?『うさぎドロップ』

30歳の独身サラリーマンと、亡き祖父の隠し子である少女の共同生活を描いたマンガ『うさぎドロップ』。2005年から女性向けのマンガ誌『FEEL YOUNG』で連載がスタートし、単行本4巻で第1部が終了。その10年後を描いた第2部が最新刊の9巻まで続き、現在は番外編が連載中である。


【データは2011年8月11日20時30分現在】

そんな人気マンガが松山ケンイチ主演で実写映画化され、8月20日から上映開始。映画『蟹工船』で労働者の闘争をスタイリッシュに映しだしたSABU監督が、“男の子育て”という新境地に挑む。原作、監督、キャストともに話題性のある作品だけに、ブログ上では公開前から大盛り上がり。

・芦田愛菜ちゃんが出演とのこと。あの笑顔がたまんないんですよね
・イクメンな松ケンと可愛らしい愛菜ちゃんを観るだけで絶対に満足できる!
・脚本にもSABU監督が加わってるけど、原作をどうまとめるんだ?
・原作のイメージとは違うかもしれないけど、子供から大人まで楽しめそう

などのコメントがアップされており、大ヒットを予感させる。

また7月からスタートし、すでに人気を博しているのがノイタミナ枠で放送中のアニメ版。
ノイタミナとはアニメーション(animation)をローマ字読みで逆から読んだもので、これまでのアニメ好きとは違った層を狙い『のだめカンタービレ』や『もやしもん』などを放送してきたフジテレビの深夜枠だ。

・萌えアニメと思ったら、めっちゃいい話。欠かさず毎週観てる
・毎回、泣かされてばかり……ハマりにハマってます
・少子化対策にかなり効果あるんじゃない?子供が欲しくなったよ
・ノイタミナ枠は良い仕事してますね!今期No.1の作品だと思います

子供キャラクター全員の声優に子役を起用するなど、アニメながらにリアルさ追求し、幅広い層から支持を集めている様子。映画との相乗効果で、今後は更にファンを獲得していきそうだ。

しかし、マンガ、アニメ、映画、それぞれが興味深く、どれから観れば良いのか迷う人も多いかもしれない。そこでブロガーたちは、どのように3つのジャンルを楽しんでいるのかコメントをピックアップ。

・映画を観て面白かったらアニメ版をDVDで買おうと思ってます
・原作ファンなのでアニメの方がしっくりくる。実写版はベツ腹かな~
・夏休み中の子供たちと一緒に楽しむのには、映画が丁度よいですね
・アニメから観たけど、先が気になり漫画喫茶で原作を読破!
・とにかくアニメが秀逸なので、今すぐ観ることをオススメします
・マンガ版は第1部までしか読んでないので、映画で内容思い出してから2部読もっと
・特に単行本の5巻からは女子向け。断トツに好きな作品です

これから作品に触れる方は、参考にどうぞ。

(佐藤潮/effect)


■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
「松山ケンイチ」について語ろう!

■関連記事
JINの裏で『マルモのおきて』に癒される

Comment

  1. キャサリン より:

    ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
    って言いながら、毎日こんな時間でm(*- -*)mス・スイマセーン
    芦田愛菜ちゃんが何と言ってもCUTEで
    m9っ(;゚ω゚;)y─┛ ヵゝゎゅ過ぎ+゚*。:゚+―★
    キャサはあの笑顔に救われてます(o^-^o) ウフッ
    あのまま大きくならないで欲しいなぁ。。って無理ですよね(笑)

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>