スマート婚は広まるか?いまどき結婚式

厳しかった残暑もひと息ついて、そろそろ秋のブライダルシーズン。週末の街中で結婚式出席者の華やかな姿を見かけることも増えてきて、ブログ上でもおめでたい話題が目立つようになってきた。


【データは2011年9月26日15時20分】

今年は東北地方を中心に、3月の大震災の影響も多々あるような秋の結婚式事情。

・本来は3月20日の予定が、震災の影響で半年遅れの結婚式。そのぶん、より輝いて見えた
・元々4月に予定されていた親戚の結婚式。仙台まで行きましたが、やっぱりいいね~!
・震災のことも合わせてイロイロ考えたけど、やっぱり結婚式やってよかった!
・こういう時に、式のために親戚や友人が集まってくれるという基本的なことに感動!

震災の影響を受けて延期されていた結婚式を、約半年の仕切り直し準備期間を経てこの秋に改めて…というパターンが多い模様。

半年の延期というものが新しく家庭を築くふたりに与える心理的物理的影響は大きかったかもしれないものの、家族という存在の大切さを痛感させられた大災害を経ただけに、季節を変えての結婚式は新郎新婦にとっても出席者にとってもより一層忘れがたいセレモニーになったようだ。

このように結婚式は準備期間が半年以上と長いのが普通だったのが、ここにきて「すぐに、安く結婚式があげられるスマート婚」なるものを掲げる会社が増えてきた。
これまでの「手間と時間とお金をかけて準備する結婚式」というイメージとのギャップを埋めるべく積極的な広告展開を目にすることも多いため

・この時代、少しでもお安くと考えるのは当たり前なのでは?
・結婚式18万円ってすごい時代だ。葬儀社でも一式18万円って見たが格安冠婚葬祭の相場?

などと反応しているブロガーはビジネスの新しい形として注目している感があるが、適齢期らしきブロガーのコメントからは

・安いのはいいけど、ウエディングドレスぐらいはお金かけてあげたい!一生に一度だし
・いくら安くても、後悔が残るような式ならやりたくないしな~

といった当事者としての心理(花嫁心理)が垣間見える。

これまでもドレスを着て撮影しウエディング写真だけ残すというお手軽スタイルはあったが、スマート婚はゲストも招く挙式・披露宴が安価でかなうというもの。

・お金ないからスマ婚ってどうなんだろう…なんで安いかナゾだ~
・スマ婚の評判ってまだあんまり聞かなから不安だけど…それに頼るしか方法がない?

など、値段設定の仕組みへの理解度や判断材料がまだ少ないゆえの反応が目立つ。

6か月以内に挙式したいカップルにターゲットをしぼることで、その時点で予約の入っていない挙式会場の手配が安価で可能になるという仕組みのスマート婚。

・少ない予算でも楽しく妄想できる環境になったのはいいこと
・お金と時間の使い方が問われる結婚式…自分たちの価値観を見直す時期なのかもしれない
・ブランドに興味ない、自分らしいセレクトをしたいイマドキの若者らしい選択かもね~

という評価も見られる通り、これまでの「当たり前」にとらわれず、できる範囲で最大限に自分らしく快適な状態を目指すという意味では、若いカップルの気持ちや時代に寄り添った新しいかたちかもしれない。

ただし、結婚式への思い入れが少ないタイプの男性が

・彼女が結婚式したいらしいので、まずはスマ婚ショールームとやらに行ってきます
・入籍はしたのですが式も早めにすませたほうがいいのかな?せめてスマ婚とか?

という安易な選択肢にすると、彼女が結婚式に夢を抱くタイプの場合ふたりの間に大きな溝ができてしまう可能性もあるので、まずはふたりで希望のスタイルを語り合い、広く検討したほうがいいかも…。

(夏目 昌)


■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
結婚式について語ろう!

■「結婚式」を語るブログたち
結婚式ブログランキング

■関連記事
震災で結婚したくなった人離婚したくなった人

Comment

  1. くるみ より:

    なるほど・・・。
    スマ婚ってよく広告などでも見ていましたが、イマイチ意味が分かりませんでした。
    安くてすぐに・・・という意味だったんですね。
    まだ、「最近の形」と言う気がして、これから伸びるか、この結婚方法で本当に間違っていないのか?は色々な統計的データが出てこない限り、まだ分からない気がしました。

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>