新語?俗語?「フライングゲット」の使い方

国民的行事になったとも言われる総選挙をはじめ、グループとしてもメンバーたちも様々な話題を提供し続けているAKB48、発売日初日の8月24日にミリオンを達成した22枚目シングルのタイトルは「フライングゲット」。

【データは2011年9月2日17時05分現在】

タイトルの「フライングゲット」という言葉自体は、グラフの通り、ブログ上ではコンスタントに語られてきたもの。CDやDVD、ゲームなどを発売日前に手に入れることを「フライングゲット」略して「フラゲ」といい、熱烈なファンたちはこれまでもブログ上で

・待ちに待った東京事変のアルバム「大発見」をフライングゲット~!
・ネット注文でまさかフラゲできると思っていなかったので、嬉しさもひとしお
・嵐のDVDフラゲ日につき、残業せずにCDショップへ定時ダッシュ!

といった俗語的な使い方をしているのだ。

それがAKB48の新曲タイトルとして発表された時から

・「フライングゲット」をどう歌詞と結びつけるのか見ものですな~
・へヴィロテとかフラゲとか音楽好きには使い古された言葉に新たな息吹を与えるのは
 さすが
・フライングゲットがタイトルになるとはビックリ…事象的には「先行入手」だと
 思うが

など驚きと共にコメントされている。ブログ読者に向けて「フライングゲットとは発売日前に手に入れること。略してフラゲ」といった断りつきで話題にされることが多く、音楽ファンには身近な言葉であるが一般的な認知度は低いとみなされているらしい。

確かにAKB48の新曲が「飛翔入手」という漢字をあてていたり、堤幸彦監督によるPVがチャイナドレスを纏っての格闘モノであることで「チャイニーズテイスト?」の印象を受けたタイプの人にとって、「フライングゲット」とは耳新しい言葉。

・ボルトがまさかのフライングゲットー!
・暑くてまだとても着られない秋物をフライングゲット♪

などと早速使ってみたくなる。ミリオンセラーとなったことで、新語として一気に広まりそうな予感もするが

・不覚にも寝てしまいDVD見てません…なんのためにフライングゲットしたの
 でしょう…
・フラゲしてきました~でも今日は宿題とか忙しくて見ません!
・フラゲはやっぱ気分いいですな!俺ファンだぜ!みたいな実感味わえる

といった実態や心理を見ると、フラゲの行為自体は熱心なファン固有のものであり続けそう…。

(夏目 昌)


■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
AKB48について語ろう!

■「AKB48」を語るブログたち
AKB48

■関連記事
連日連夜報道されるAKBネタ、どう思う?

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>