渡鬼完結、みんなの声

2011年9月29日、ひとつの国民的ドラマがその幕を下ろした。
「渡鬼(わたおに)」こと「渡る世間は鬼ばかり」、21年10シリーズ続いたドラマの500回目の放送だった。


【データは2011年10月6日15時036分現在】

ブログでも「渡鬼」に関する話題は最終回直前から急上昇、今でも盛り上がりは続いている。

・感動して泣いてしまいました
・本当に、渡鬼ありがとう!
・みんながハッピーで良かったよー。あー満足した満足

と、最終回には満足の声が多い。

そして、脚本家の橋田壽賀子に対するねぎらいの声も目立った。

・ありがとう渡鬼、ありがとう橋田先生
・橋田壽賀子さんは時代にあったストーリーを作り続けて凄いね
・はぁ~橋田壽賀子先生。拍手喝采

最終シリーズのテーマの一つは、えなりかずき演じる眞の結婚話。
結局のところ元婚約者の貴子(清水由起)と結婚することになり、眞の純愛が成就した。
眞と恋人同士のふりをしていたまひる(西原亜希)は眞の親友・壮太(長谷川純)とくっつき、眞たちのハッピーエンドに花を添えることに。

・眞クン結婚おめでとう
・しんちゃんが結婚するなんてっ!!しんちゃんに先越されたっ!!
・もうほとんど親戚のオバサン状態で、自分も披露宴に参加してる気分だったわ

第1シリーズでは6歳だったえなりかずきの結婚は、子役の頃から見ている人にとって感慨深いものだったに違いない。自分も披露宴に参加している気分だった人も少なくないはずだ。

「初回から見続けてました」という人がいる一方、初回当時は生まれてなかった人や、一度も見たことがないという人もいるのは当然。この最終回で初めて見たという人もいたが、

・一話も見たことないのに最終回楽しめちゃう渡る世間は鬼ばかりってすごいね
・やっぱり長く続く番組にはそれなりの面白さがあるものだと感心しました
・今までなんとなく嫌だったけど、二十年も続く理由が分かったような気がした

といった橋田壽賀子先生も喜びそうなコメントもあった。

これだけ長く続いたシリーズなだけに、最終回を見られなかった故人を偲ぶ書き込みもあって、涙を誘う。

・最終回と聞いた時、母の写真に「渡鬼終わるんだって!」としゃべりかけてしまった
・祖母が大好きでよく一緒に観ていたので、思い出が詰まった大切な番組でした
・2年前は今は亡きおばあちゃんと渡る世間の再放送みてたっけな

渡鬼ファンがいま気になっているのは、もう岡倉家の五人姉妹たちには会えないのかということだろう。最終回のラストにも橋田壽賀子からの含みのあるコメントが掲載されただけに、

・スペシャルとかあるのかしらね?
・ぜーったい近いうちにスペシャルありますよ、あれは
・きっとまた、何年後かに渡鬼が復活するはず

と、スペシャルで復活することを願う声が多い。

高齢の橋田壽賀子先生にハードな執筆を強いるのは鬼と言われるかもしれないが、スペシャルが今後も数多く放送されることを期待したい。

(芦之由)


■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
TBSテレビについて語ろう!

■「TBSテレビ」を語るブログたち
TBSテレビブログランキング

■関連記事
渡鬼終盤。どうなる眞?幸楽ソース?

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>