今年の音楽シーン、正直どうでした?

今年も残すところ、あとわずか。紅白歌合戦やレコード大賞など、恒例の音楽番組が数多く放送される時期になった。厄災続きの大変な一年だったが、ここらでひとつ音楽シーンの明るい話題でも、振り返ってみてはいかがだろう。


【データは2011年12月29日11時15分現在】

まず、今年の年間シングルCDの売り上げトップ5は、上から『フライングゲット』『Everyday、カチューシャ』『風は吹いている』『上からマリコ』『桜の木になろう』。

なんと、すべてAKB48の楽曲である。この快挙はブログ上でも話題となっており、

・CDが売れない時代といわれるさなか、とんでもない新記録だ
・恐るべし秋元康、凄すぎるAKB48
・去年、消えるとか言ってたやつ残念だったね。AKBは不滅だよ!

と、ファンからの熱いコメントが目立つ。

その上位5曲はすべてミリオンセラーを達成し、さらに今年リリースされたすべてのCD、DVD、ブルーレイを合わせると、売り上げ総額は約163億円。マーケットの面でも女性グループの歴代最高記録を更新している。

では、その他のアーティストが盛り上がらなかったかというと、そうではない。

・今年一番のスターはレディー・ガガっしょ。マジで惚れたわ~
・アルバム&DVDではやっぱり嵐が1位でしたね
・自分の年間チャートでは放課後ティータイムがダントツっす
・東方神起、KARA、チャン・グンソク……今年も韓流ブームだったよね!

など、今年の音楽シーンは、なんだかんだで大フィーバー。アイドルグループを中心に、アニメ、洋楽、韓流といったジャンルが注目を集める一年だった。

ちなみにここ数年、ロックバンドやシンガーソングライターなどは少々低迷気味。しかし、来年こそはブームになりそうな兆しを感じる。

ブログ上のコメントを調べてみても、

・最近はONE OK ROCKにハマリ中。ぜってー超有名になると思う
・可愛いし歌うまいし、miwaちゃんが何でまだブレイクしてないのか不思議です
・今熱いと思うのはゴールデンボンバー。来年の武道館ライブが楽しみ!

などなど、大ブレイク間近と言われるアーティストの話題が盛りだくさん。

来年の彼らの活躍と音楽業界の発展に期待したい。

(佐藤潮/effect)


■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
AKB48について語ろう!

■「AKB48」を語るブログたち
AKB48ブログランキング

■関連記事
AKB登場に「グーグルプラス疲れ」も

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>