2012年1月27日のニュース

芥川賞受賞の田中慎弥氏に興味津津

17日、第146回芥川賞の受賞作品が発表された。

みごと栄冠に輝いたのは、円城塔氏の『道化師の蝶』と、田中慎弥氏の『共喰い』の二作。受賞が発表されたこの日、著者らによる記者会見が開かれ、それぞれがコメントを発表した。

ところがその席で世間の度肝を抜いたのが、今回が5度目の候補となった田中慎弥氏。会見での斜に構えた様子と大胆発言が、多くの人々の間で話題になっている。 (続きを読む...)