アンナミラーズが1店舗に!ブロガーは・・・

「アンミラ」の呼称でもお馴染みのレストラン『アンナミラーズ』。

90年代の全盛期には首都圏に20店舗ほどあったが、次第に店舗数は減り、先月の横浜ランドマークプラザ店の閉店で、ついにウィング高輪店1店舗のみの営業となってしまった。


【データは2012年2月3日16時25分現在】

アンナミラーズといえば、ペンシルバニアの家庭料理を原点としたアメリカンフードとアメリカンパイが食べられるレストラン・・・の前に、胸を強調する独特のデザインとミニスカートという店員の制服が有名。

ということで、営業店舗が1店舗となってしまった寂しさと共にブロガーが語っているのは、制服にまつわる数々の思い出。

・胸が強調される制服。当時はもうびっくらこいた
・目のやり場に困る、そんなウレシハズカシ体験でした
・阿呆な男どもはあの制服に一種の憧れがあったんです

とか、

・制服を目当てに出かけたものだが、何を食べたのかまったく覚えていない
・店員に恋をしていてよく通いました。可愛い制服で彼女の可愛さも3割増しでした
・昔、彼氏とアンミラで大げんか。もちろん原因は店員の制服です

とか。

まあ、つまり、キュートな制服姿の女の子に世の男性たちが悩殺されていた思い出だらけなんだけど、こうして見ても、レストランでありながら制服のインパクトが先行していたのは歴然。

店舗数が減少してしまった理由を多くのブロガーは、「メニューの価格設定が割高で、時代の色調に適していない」あるいは、「台頭してきたメイド喫茶にターゲットが流れた」と指摘している。
確かに、アンナミラーズの制服に魅了されていたブロガーの中には「(今は)メイド喫茶の方が好き」という声も少なくなく、メイド喫茶と競合して敗北しちゃった感は否めない。

けど、

・元祖メイド的のコスチュームは惜しいので秋葉原あたりに出したらいかが
 でしょうか?
・潰しちゃうのは勿体無い。せめて1店舗だけでも残して欲しいモンだね
・品川店舗の希少価値が高まって、また店舗が増えるといいなと思います

と、存続を願う声も少なからず見られている。

ちなみに、制服の話題に隠れちゃっているものの、つつましく人気を維持しているのが、ホームメイド風のアメリカンパイ。

・ずっとアンミラのパイが食べたかったので、仕事帰りに寄り道して購入しました
・わが家は毎年イヴにアンナミラーズのX’masチーズケーキを食べます
・昔はアンミラってまずいって噂だったけど、いちごパイ?それ超おいしかった!!

パイのファンも存在することが分かり、アンナミラーズに制服以外の強みを発見!

アンナミラーズを運営する井村屋株式会社は、現在、南フランス・プロヴァンス地方のスィーツが楽しめる「JOUVAUD(ジュヴォー)」というカフェを都内に展開中だが、やっぱりこれとは別に「アンミラのパイ」が気軽に食べられたり、購入できるような活路を開いていただきたい気も・・・。

できれば、店員の制服はそのままで。

(高宮真琴)


■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
アンナミラーズについて語ろう!

■「アンナミラーズ」を語るブログたち
アンナミラーズブログランキング

■関連記事
八王子からデパートが消えた

Comment

  1. しおやん より:

    東京にきて、はじめて行ったファミレスがアンナミラーズです。確か原宿にありました。あの制服は20歳前の学生には衝撃的でしたね。

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>