猫ひろし五輪出場に納得できる?

カンボジア国籍を取得し、マラソンのカンボジア代表としてロンドン五輪出場が内定した猫ひろしさん。



しかし、同じくロンドン五輪出場を目指していた地元カンボジアのヘム・ブンティン選手が4月15日に行われたパリ・マラソンで、猫さんの記録を7分近く上まわる2時間23分29秒を記録し「猫は私より遅い。フェアじゃない」と話しているという。

また、カンボジア陸連の推薦として五輪出場が内定してはいるものの、国際陸連の承認が得られたかどうかはいまだ不確定な状況。猫さんは本当に五輪出場ができるのだろうか。また、カンボジア代表として出場するにふさわしい選手なのだろうか…。

【データは2012年4月17日12時55分現在】

ブログへの書き込みを見ると、さまざまな意見が交わされていることがわかる。
まっ先に目につくのは批判的な意見だ。

・日本の恥。いますぐ出場を辞退するべきだ
・スタート地点とゴール地点で、カンボジア人の猫ひろしはギャグをやるんだと。お寒い
・五輪に出場したいためだけの国籍変更って…。冗談にしか聞こえない
・カンボジアの選手の気持ちを思うと、失礼以外のなにものでもない

一方で、猫さんの五輪出場に理解を示す書き込みもある。

・カンボジアと日本の懸け橋になってくれればいいんじゃない?
・カンボジアの人さえ気にしてないなら、まぁ、いいんじゃないかと

日本陸連理事の瀬古利彦氏は「本当におめでたいこと。 五輪は参加することに意義がある。選ばれた以上、カンボジア国民の夢を背負って頑張ってほしい」 と応援ムード。

また、ハードル選手の為末大さんも「国籍を変えて五輪に出場するケースはごろごろある」とツイッターにツイートしている。

確かに、外国籍を取得して異国の人となり、世界的な大会で活躍した例はこれまでにもたくさんある。しかし、それを理解したうえでも今回の猫さんへの風当たりは強い。

・カンボジアへの理解や尊敬がないことが一番のネック
・世界的にみるとレベルの低い猫ひろし。だったらほかの有望選手を出してあげたら?
・国籍を変えて出場することはいいこと?そもそもオリンピックってなんなの?
・それだったら川内に行かせてやれよ。川内のほうが速いじゃないか

ちなみに、2011年に2時間7分を切った切った上位選手のほとんどはケニア人。
ケニア人が世界にちらばれば、国籍を変えたケニア人ばかりの大会も開催できるのかもしれない。でも、それってやっぱり変な気がする。

猫さんは果たしてロンドン五輪に出場できるのか。また出場決定後の世論、マスコミのコメントにも注目しておきたい。

(イノウエアキオ)


■その話題、ネゴトで話さない?「ネゴトーク」
猫ひろしについて語ろう!

■「猫ひろし」を語るブログたち
猫ひろしブログランキング

■関連記事
カンボジア国籍申請中の猫ひろし、どう思う?

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>