WBCに出場するのは誰が最もふさわしい?

4年に一度開催される野球の世界一決定戦、ワールド・ベースボール・クラシック。
日の丸を背負った選手たちが、世界の強豪国を相手に熱い戦いを繰り広げる大会だ。

しかも、活躍するのはWBCならではのスペシャル編成チーム。日本のプロ野球球団に所属する選手と日本人メジャーリーガーが一丸となって戦うという夢のような状況に、毎回多くの日本国民が熱狂する。

【データは2012年9月12日18時25分現在】

しかしこの大会、収益の大半がメジャーリーグベースボール(MLB)側に分配されてしまうなど、金銭における不合理な問題が多いのも事実。

日本プロ野球選手会は、日本企業が大半を占めるスポンサー料やグッズなどの商品化権がWBC社に帰属することに反発し、今年7月の臨時大会では不参加を表明した。

ところがその後の交渉で、WBCのロゴを使用しなければ大会期間中でも日本代表のスポンサー権が認められたこと、また日本野球機構(NPB)が侍ジャパン専門の事業部局を設営できるようになったことなどから、今月9日、決断を一転。来年3月開催の第3回WBCにおける日本選手団の出場が決定した。

このニュースを受けたブロガーたちの多くは、

・日本のWBC参加決定ー!いろいろ問題はあるけど、やっぱ嬉しいっす!
・日本中が盛り上がる大会だもん。不参加を撤回してくれてホッとしちゃった
・ロンドン五輪で見られなかった分、WBCがめっちゃ楽しみだー!

と、素直に歓喜のコメントをアップ。

もちろん、収益の配分方法をめぐる問題が未解決のままという点については、「なんか納得いかない」「MLBが一方的に儲ける構図は何ら変わってないし」といった書き込みもチラホラ見られるが、侍ジャパンが3連覇のかかる大会に出場できる喜びは、やはり大きいようだ。

そうなれば、次に注目されるのは代表監督の人事。ブロガーたちが期待を寄せる候補は、

・やっぱここは落合さんでしょ。時期的に適任だと思うんだけどなぁ
・野村克也監督!WBCでは“ボヤき”不要の采配をお願いします(笑)!
・原監督以外に考えられない。選手の士気を高めるのも本当にうまいしね

などなど、誰に決まっても納得の大御所ばかりだ。

ちなみに、その他の名前があがった人物は、山本浩二、秋山幸二、新庄剛志など。新庄については、あの突き抜けた明るいキャラクターが、監督という立場でどう発揮されるのか、確かにちょっと見てみたい気もする。あくまで個人的な興味だが。

またブログ上では、出場メンバーを予想する話題も大盛り上がり。たとえば、

・イチローがいれば、今回も絶対に素晴らしい結果を残してくれるはず
・先発投手はダルビッシュで!もしくは楽天の田中マー君かな~
・中継ぎと抑えには、浅尾、山口鉄也、藤川、菅野、久保あたりを入れたいねぇ

といった具合に、それぞれのドリームチームは早くも決定している。野球に対する普段の鋭い視点が語れるとあって、ブロガーたちの架空チーム編成に対する熱の入れようは、半端ではない。

前回大会では最高視聴率40.1%を叩きだした、WBC。野球ファン以外をも夢中にさせる世界マッチで、次はどんなレジェンドを見せてくれるのだろうか。

(出羽恵実子/effect)

ブログランキングならblogram


■その話題、ネゴトで話さない?
ワールドベースボールクラシックについて語ろう!

■「ワールドベースボールクラシック」を語るブログたち
ワールドベースボールクラシックブログランキング

■関連記事
バスケならぬバヌケ!?黒バス人気が上昇中

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>