テレビ局引退でわかる女子アナの愛され度

ちょっとした言動がニュースにとりあげられてしまう女子アナたち。うっかり失言したり、収録で怪我をしたり、熱愛が発覚したり、番組を卒業したりと、毎日、ネタにこと欠くことがない。


でも、人気商売である女子アナは、いかに話題が集まるかが勝負でもある。人気が出なければ新人アナにポジションを奪われることになりかねないし、フリーに転身するなんて夢のまた夢になってしまうからだ。

とくに局アナからフリーに転身しようとすれば、転身後にどれだけ需要があるかがカギになってくる。しかし、こればかりは実際に転身してみたいとわからないようだ。


【データは2013年2月26日15時5分現在】

実際にフリーに転身してみて、失敗しているケースがある。ブロガーのコメントを覗いてみると

・視聴者に受けていても局に嫌われちゃだめな気がするな。クライアントなんだから
 なぁ
・フリーとして活躍する秘訣は局のキーマンや実力派タレントとしっかりつながって
 おくこと

なんて意見が。そもそもの仕事の発注先であるテレビ局に嫌われてしまっては、フリーとして活躍するのは確かに難しいかもしれない。また、

・視聴者にやたらと嫌われているキャラもどうなんだろうな
・同性からも異性からも愛されないと難しい

といった意見も。そもそも数千倍という難関をくぐりぬけて女子アナになった彼女たち。さらにその中でも勝ち上がり、局にも視聴者にも受け入れられて、はじめて活躍できるとすれば、なんとフリーであることのハードルが高いことか。

ちなみに、フリーになって活躍しているアナウンサーはと言えば、

・高島彩アナ、司会も出来て、幅広い活躍ができますね
・フリーで活躍している人というと西尾由佳里さん、滝川クリステルさんが浮かびます
・内田恭子アナは2児のママとなってますますの活躍が期待できそう

といった名前が挙がっていた。

つい最近、前田有紀アナがテレビ朝日を退社して留学することを表明していたが、彼女に対しても「フリーになってもうまくいきそう」という声は多い。

フリー転向が成功して人気アナになれば、局アナ時代の10倍も20倍も稼げるようになると言われている世界。一見華々しいように見える彼女だちの世界だが、見えていないところでは、きっととんでもないプレッシャーと日々戦っているに違いない。

(イノウエアキオ)

ブログランキングならblogram


■その話題、ネゴトで話さない?
高島彩について語ろう!

■「高島彩」を語るブログたち
高島彩ブログランキング

■関連記事
好き?嫌い? “みんなのみな実” リアル評価!

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>