「旅ラン」に「ラン婚」!?広がるランブーム

誰でも気軽に始められる趣味として大ブームを巻き起こしている「ランニング」。2月に開催された東京マラソン大会では、参加応募数が30万人超と定員の10倍にのぼる人気ぶりだ。年々増えるランナー人口は1000万人を超え、関連サイトやグッズ販売など、各方面で盛り上がっている。


【データは2013年4月19日19時30分現在】

市民ランナーが増え続ける背景には健康志向の高まりがある。ブロガーも始めるきっかけや効果について、

・犬の散歩ついでに5キロ走ってダイエット成功!
・運動不足解消のために何気なく始めたけど、頭のキレが良くなった気がするね
・血行が良くなったからか、髪の毛がフサフサになってビックリするやら嬉しいやら…
・就活中…というか座りっぱなしのニート生活で足腰が弱ったのでランニングで
 改善します

と語っており、ランニングが健康維持のため優れた効果を発揮することがわかる。

元日本電気ホームエレクトロニクス陸上部監督の佐々木功が書いた「ゆっくり走れば速くなる」(ランナーズ社 1986年)によれば、ゆっくり走ることにより抹消毛細血管が刺激され、栄養分や老廃物の出し入れが活発になって、体の機能が安定するそう。血の巡りが良くなるとスタミナもつき、美肌やボケ防止にもなるからまさにいいことづくめ。運動不足になりがちで忙しい現代、思い立ったらすぐ始められるランニングにハマる人が増えるのもうなずける。

ブームの広がりを受け、各地で開催されるマラソン大会に、フルマラソン完走を目指す中級ランナーが殺到しているが、目立つのが20~30代の「美ジョガー」と呼ばれる女性ランナーだ。彼女達が身につけるランスカ(ランニングスカート)やワンピース型のウェアはカラフルで見た目も華やか。

それについてのコメントも多く、

・ランニングウェアも流行のネオンカラー♪
・ドットTシャツにショーパンで走ると気分もアガるね
・お腹まわりをしっかりカバーするランスカは、お出かけにも使ってるかも

などおしゃれを楽しんでいる様子が伺える。アシックスやミズノなどスポーツメーカーは、今春キャラクターモデルに土屋アンナや柴崎コウを起用した女性向けブランドを立ち上げ、ブームを後押しする。

さらに、美ジョガーの間では沖縄など観光地の大会へ旅行をかねて参加する「旅ラン」が流行中で、

・旅行のメインを大会参加にしてあとはショッピングよ
・走った体をホテルのスパで癒し、景色を眺めての~んびりリフレッシュしてきました
・行きたかった所に行き、マラソンして、美味しいものを食べて…一石三鳥!?
・彼と新婚旅行をかねて海外の大会に出場。モチロン手をつないでゴール♡

という楽しいマラソン旅行記も、ブログ上を賑わしている。

ランニングをきっかけに「友達が増えた」というランナーも多い。

・ラン友と毎日メールで励まし合って、頑張ってるよ
・SNSのランコミュで知り合いった友達とレースごとに会うのがなんかイイです
・いつも走る公園で、自然に知り合いの輪ができ、今度バーベキューすることに…

さらに、未婚のラン友同士が数十人規模のマラソン会を企画し、走りながら結活に励むという「ラン婚」なるイベントも行われ、もはや「健康づくり」の括りを超えて広がるマラソンの波。乗るなら気候の良いこの季節にぜひ!

(小玉葉子/effect)

ブログランキングならblogram


■その話題、ネゴトで話さない?
ジョギングについて語ろう!

■「ジョギング」を語るブログたち
ジョギングブログランキング

■関連記事
みんなのメタボ対策は!?

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>