櫻井くんの家族ゲームが「いいねぇ」

NHKの朝ドラ「あまちゃん」が好調で、このドラマで連発される「じぇ!」は、今年の流行語大賞ノミネート間違いなしと言われている。一方、今期の民放の連ドラからも、じわじわと流行っているフレーズが登場しているのをご存知だろうか。

それは、「家族ゲーム」(フジテレビ系、水曜よる10時)で主演の櫻井翔がよく使う「いいねぇ」という決め台詞だ。ブログでも、

・私のマイブームといえば、「いいね~」です
・「いいねぇ」とあまちゃんの「じぇ!」このふたつは、今年のわたしの中でのヒット
・これ、いいねぇ~(最近、家族ゲームの影響で口癖です・・・)

などと「いいねぇ」を使っている人があちらこちらに。某ソーシャルメディアの「いいね!」と違って、「いいねぇ~」と語尾を伸ばすのがポイントだ。


【データは2013年5月16日13時23分現在】

・スピーディーでメッセージ性があり、先の展開が読みづらくて面白い
・すごくおもしろくて、引き込まれますね。一時間があっという間です
・久しぶりにハマったドラマでもあるし毎週水曜が楽しみでならないのじゃ

と、このドラマ「家族ゲーム」は、ハマっている人も多く好評だ。

櫻井翔が演じるのは、変わり者の家庭教師・吉本荒野。妙になれなれしかったり、急にダークで激しい一面を見せたりと、嵐の櫻井くんのイメージとはかけ離れたエキセントリックな役どころだが、

・翔くん、いいね~
・不気味な演技がお見事!
・櫻井翔さんがかなりキレキレで面白いです

などと、彼の演技力を称賛する声も多い。

櫻井くんが家庭教師として教える中学生を演じているのは、浦上晟周(うらがみ せいしゅう)くん。

・翔さんもいいねぇやけど、私は浦上晟周くんがいいねぇ。可愛い
・浦上晟周くんの演技、光ってますねぇ。まだ13歳でしょ?
・茂之役の浦上晟周くんには流石の一言

と、彼にも「いいねぇ」の声が上がる。「ハガネの女2」や「ボーイズ・オン・ザ・ラン」にも出演してた彼、兄役の神木隆之介とは同じ事務所で仲がいいとのことだ。

本間洋平の同名小説が原作の「家族ゲーム」は、過去に何度も映像化されている。
1983年に公開された森田芳光監督・松田優作主演の映画版は名作と呼ばれており、長渕剛が主演を務めた1983年のドラマ版は主題歌「GOOD-BYE青春」とともにヒットし、続編も作られた。

・森田芳光監督の映画(1983年!)は良かったですね
・往年の世代にとって家族ゲームとは、松田優作ですし、長渕剛ですよね
・そのむかし、長渕剛主演で放送されてたときは毎週みてました

と懐かしがる声もあり、比較される過去の作品の存在感が大きいわけだが、

・映画版が名作すぎて全然期待してなかったけど、全く違う描き方でこれはこれで
 面白いかも
・櫻井翔の家族ゲームを見てもう一度長渕剛の家族ゲームを観たいと思っている
 ワタクシです
・今後のストーリーを新旧比較しながら楽しみたい

などと、別モノとしてとらえられているようだ。むやみに比較してダメ出しをする声が少ないのも「いいねぇ」と感じる。

・すごい前のめりでテレビにかじりついている自分がいます
・回を重ねるごとに絡まっていく家族の話。どうなるの!?どうなっちゃうの!?
・どうなちゃうの吉本センセー!早く!早く続き!続きをプリーズ!!!

と、続きが気になる櫻井版「家族ゲーム」。最終回を迎えた後も「いいねぇ」と言われる作品となることを期待したい。

(芦之由)

ブログランキングならblogram


■その話題、ネゴトで話さない?
櫻井翔について語ろう!

■「櫻井翔」を語るブログたち
櫻井翔ブログランキング

■関連記事
ドラマで描かれる「ゆとり世代」に共感…?

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>