あなたは中二病?それとも裏中二病?

背伸びしたり自意識過剰になったり青臭い行動をとることを「中二病」というが、それを忌み嫌い、わざと子どもっぽくふるまう「裏中二病」患者も増殖中という。

もともと「中二病」は思春期限定のちょっぴりイタい言動を指し、

・ムリして吸った煙草でむせた~ ゲホッ
・引き出しの底に「KILL」って赤ペンで…。確かに病んでたね
・親にやたらと批判的になってたよ
・独りで孤高ぶってたな

と、自嘲気味に思い出すブロガーも多い。

ほかにも「急に思い立って詩を書く」「妄想にハマる」など、誰でもありそうなことなどが挙げられるが、まれに、その時期を過ぎても自己陶酔から抜けられず、症状が慢性化したまま大人になる人がいる。

「中二病」を自覚する大人ブロガーは多い。コメントをのぞいてみると、

・マイノリティになりたくて仕方ない俺は30超えてるけど中二病だ
・世界を救えると思う自分は中二病でしょうか?
・青臭くて何が悪いのか

など、開き直る様子も伺える。いきすぎると虚言癖や現実逃避など社会生活に支障をきたすようになるので注意も必要だそう。

また、今では「中二病」を意識するあまり行動が起こせなくなる「裏中二病」が増えている。どのようなものかと言えば、

・なるなら絶対サラリーマン!普通がイチバンだね
・おしゃれは逆にかっこわるい~
・家族と仲良しだけど、何か?
・煙草とかコーヒーとかまずいだけでしょ

と、徹底的に「中二病」的なものを拒絶するという。中には反撥のあまり、わざと子どもっぽい行動をとる「赤ちゃん帰り」をして周囲を心配させるケースもあるとか。しかしこれは自意識過剰が裏返っただけで、一種の病気に変わりはない。

ほかにも、中二病の発展型である「高二病」、入社二年目でいっぱしの社会人を気取る「社二病」、壮大すぎる設定を揶揄する「厨二病」など「~二病」はまだまだ派生中。二年目は、何かと注意が必要なのかもしれない。

(小玉葉子/effect)

ブログランキングならblogram


■その話題、ネゴトで話さない?
克服したいについて語ろう!

■「克服したい」を語るブログたち
克服したいブログランキング

■関連記事
幻聴が聞こえたら要注意!スマホ中毒症

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>