秘密保護法案に賛成?反対?

安倍政権が今国会会期中の12月6日までの法案成立を目指している特定秘密保護法案がさまざまな議論を呼んでいる。

特定秘密保護法案とは、日本の安全保障に関する情報のうち「特に秘匿することが必要であるもの」を「特定秘密」として指定し、取扱者の適正評価の実施や漏洩した場合の罰則などを定めることを目指す法案のこと。特定秘密の指定対象となりうる情報とは、主に防衛、外交、外国の利益を図る目的で行われる安全脅威活動の防止、テロ活動防止に関するもの。

この法案にはふたつの大きな特徴があり、そのひとつは、なにが特定秘密にあたるかは各行政機関の長が決められるということ。もうひとつはこれを漏らそうとする者に厳罰が課されるだけでなく、これら特定秘密を知ろうとしただけでも処罰の対象となることだ。法案の成立を巡っては市民による反対デモが開かれるなど混乱を招いている。

市民に広がる不安のひとつは、「知る権利」が奪われてしまうのではないかという懸念だ。

・市民に都合の悪いことをなんでもかんでも秘密にしてOKなんでしょ?怖すぎるよ
・何が特定秘密か知らされないのに、それについて情報を得ようとしたら逮捕される
 みたいですけど
・「アイツ、あんなこと話してましたけど!」なんて、密告万歳の世界にならない?
・戦前の日本では情報を握った軍部が暴走して戦争へ。情報統制されたら国民は何が
 正しいのか判断できなくなるよ

といった内容だ。

特定秘密については明かされることがないため、何が特定秘密になっているのかは市民にはわからない。しかし、その情報を知ろうとする行為には逮捕の危険が伴うというわけだ。

また、過去の帝国会議でも軍機保護法改正案など似たような法案が成立している経緯もあることから、特定秘密保護法案は開戦を容易にする危険な法案と見る向きもあった。

さらに、法案成立に向けて、国会などで十分に審議が重ねられたのかとう点も不信感を芽生えさせているようだ。

・この法案の危険性、あるいは安全性がちゃんと国民に伝わっているとは思えません!
・安倍政権はずいぶんこの法案の成立を急いでいるような気がする。もっとちゃんと
 議論を重ねてほしい
・一度法案が通ってしまうと容易には覆らなくなるので、十分に審議を重ねてからに
 してください!

しかし、こういった反対意見が盛り上がっていく中で、法案成立を歓迎する意見もたくさん見受けられる。

・秘密情報は外交や防衛のことなどが中心だから、そもそも市民には知る必要がない
 内容なんですよ
・いまの日本は情報漏洩に関してゆるすぎです。スパイ活動が容易でこのほうが危険
・特定秘密保護法案がないから外国から外交に関する重要な情報をわたしてもらえない
 のがいまの日本。外国から情報漏らすだろ?って思われている

また、一部の意見として、

・情報を秘密にされると記者クラブが困るので、大メディア市民に不安を振りまいて
 デモなどを扇動しているように見える

という見方もあるようだった。

現在も

・機密情報の漏えいについては、アメリカにもイギリスにもドイツにもフランスにも
 ある。国防のための機密情報なんだもの。あって当然です!
・原発事故に関して、スピーディの情報公開が遅れたために浪江町の人たちが被爆
 地帯に誘導されたことを忘れてはいけない
・どの情報を秘密にするかがわからず、それをチェックする機関もないのは危ない

など、さまざまな意見が飛び交っている。

本当にこの法案が日本の国益を考えて作られるものであり、それを遂行する人たちに大きな信頼があれば、きっとここまで大きな混乱は招かなかったのかもしれない。国はいままで、市民の信頼に応えるように動いてきたのか──。国会議員の方々には、この混乱こそ、いまの政府への信頼であると受け止めてほしいのだが…。

(イノウエアキオ)

ブログランキングならblogram


■その話題、ネゴトで話さない?
個人情報保護法について語ろう!

■「個人情報保護法」を語るブログたち
個人情報保護法ブログランキング

■関連記事
汚染水はコントロールできてるの?

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>