「弱ペダ」人気で自転車女子急増

いわゆるママチャリとは違う、競技用自転車。流線型のボディが美しい、プロモデル仕様の自転車にまたがって、さっそうと走り抜ける女性が急増している。

このブームの兆しは、自転車競技をテーマにしたアニメ「弱虫ペダル」(弱ペダ)の放送が開始された昨年の10月頃から見られ始めている。

「弱ペダ」は、渡辺航が週間チャンピオン(秋田書店)に連載中の漫画が原作。高校生のオタクな主人公がロードレースと出会い、仲間とインターハイ優勝を目指す…というストーリーで、累計発行部数が850万部を突破する人気少年漫画だ。

スポーツ青春モノらしい、レースシーンがこの漫画の見どころだが、ブロガーによると、

・弱ペダ観てたら、むしょうに自転車をこぎたくなっちゃうんです!
・自転車に乗ってる時の気持ちを一緒に味わってみたいな
・なんて気持ち良さそうに乗るんだろうね
・自転車って何気なく乗ってるけど、本気で乗ってみたい欲望にかられました

などのコメントに見られるように、実際に乗りたくなってしまう吸引力が大きな魅力。登場人物の感情表現が丁寧に描かれているので、「自分も自転車に乗って味わってみたい」というファン、それも多くは女性ファンが続出中だ。

「弱ペダ」の登場人物の多くは、スイスやイタリアなど高価な海外のモデルを愛車としているため、専門店を訪れる女性客はのきなみ増加。熱を上げるファンは、

・とりあえず、見るだけでもと思って…行ってきます♪
・20万か~。高いけどその価値はあるって、アニメで分かりましたから
・ベルギーのリドレーを絶対に手に入れる!
・今は写真だけでも…と思って、お店で一緒に撮影してきました♡

といった具合に盛り上がっている。カタログを求めて女性ファンが殺到し、一時入手困難になったお店もある程の加熱ぶり。

そして実際、自転車に乗り始めた人は、

・いろんなスポーツがあるけど、自転車は1人でできるのできるので始めやすいよ
・安くはないけど、スピードを出したり山道を走るにはコレかな~
・爽快です!通勤も自転車にして健康にもバッチリ!
・コスプレ気分で始めたけど、思わぬダイエット効果があってハマってますね

などの感想をアップしており、好きなアニメと共にスポーツを楽しむ様子が伺えた。きっかけは何であれ、日常的な運動は心身共に良い効果があるようだ。

まだまだ浸透しそうな自転車ブーム、これからも幅広い年代に拡散していきそうだ。それにしても、「知らない」「興味がない」という壁を軽々と超えさせる、アニメの威力は大したものだと実感する。

(小玉葉子/effect)

ブログランキングならblogram


■その話題、ネゴトで話さない?
クロスバイクについて語ろう!

■「クロスバイク」を語るブログたち
クロスバイクブログランキング

■関連記事
アニメと違う魔女の宅急便はおおむね高評価

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>