ふなっしーの食レポが大評判

船橋市の非公認キャラクターながらキレのある動きとトークで人気を博し、各方面で引っ張りだこのふなっしー。最近では「イリュージョン」と称して食レポもこなすなど、その活躍の場は広がる一方。

ブロガーたちも

・ふなっしー見て元気でました!がんばってますよね
・水につかる仕事までこなすとは…スゲェ。どんだけ万能やねん
・食レポまでしっかりできるふなっしー、奴は、やるなぁ!プロ根性に敬服します~

と温かく見守っている。

特に背中から食べ物を“インストール”して食べる、という「イリュージョン」は誰もが目を奪われるようで

・いや~ふなっしーのイリュージョンには脱帽!
・イリュージョンに大爆笑!食べてるときは手がダラーリして魂が抜けてる感じで
 笑える~
・初めて見た時は1秒たりとも目が離せなかったイリュージョン、何回見てもやっぱ
 面白い~

と多くのコメントを集め、これまでキャラクター界ではアンタッチャブルだった領域を見事にオリジナルの魅力に変えたふなっしーは益々熱く支持されている。

最近はイリュージョンをはじめ「中の人」の存在を強く想起させる活躍が目立つだけに

・ふなっしーのよさは、中の人の頭の回転の早さと人柄の良さなっしーね
・中の人のボキャブラリーが豊富なので食レポもうまいし、トークが抜群にオモシロイ
・いつも元気に頑張る姿に感動すら覚える。中の人はもう尊敬の対象デス

などと普通に「中の人」について語られているのも、ほかのゆるキャラにはないところ。

こうなると梨の妖精ふなっしーも

・もうふなっしーはゆるキャラじゃなくて、立派なタレントさんですね
・自分がずぶぬれになっても人を楽しませることができる、真のエンタティナー
・数字がとれるタレントの筆頭と言えるのではないでしょうかっ

と見なされ、その存在感がゆるキャラの域を大きく越えていることが伝わってくる。

そんなふなっしーと比べるのも酷かもしれないものの、ゆるキャラ界には目立たない地味な存在も多く、大阪では増えすぎたゆるキャラが「リストラ」されるという噂もちらほら。

・ご当地ゆるキャラも完全に飽和状態で、リストラもいたしかたなかろう
・はやってるからとりあえず作っとけ、と作られたゆるキャラが消えていく…ゆるく
 ない時代だぁ
・やはりキャラクターは目立ってナンボ、これからはより強力なキャラのみが生き
 残る時代
・いっぱいいてもいいけれど、ふなっしーやくまもん級のエースがいる構造が必要
 なのでは

などと語られているように、増殖したゆるキャラたちがオリジナルな活躍のしかたを模索する時代になったということか。

というか、かくも幅広くゆるキャラ論が語られていること自体、ゆるキャラのイメージを変えたふなっしーの功績なのかもしれない。

(夏目 昌)

ブログランキングならblogram


■その話題、ネゴトで話さない?
せんとくんについて語ろう!

■「せんとくん」を語るブログたち
せんとくんブログランキング

■関連記事
「プリッツ 梨汁ブシャー味」の感想は?

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>