18歳から選挙権を持つことに賛成?反対?

憲法改正の手続きを定めた改正国民投票法が今国会中に成立する見通しになった。改正案の柱は、法施行の4年後に改憲改正を判断する国民投票の投票年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げるというもの。

それにともない、選挙権年齢も合わせて引き下げるべきではないかという議論が沸き上がっている。選挙権年齢を引き下げると、どんなメリットやデメリットがあるのだろうか。ブロガーのコメントを調べてみた。

大まかな意見としては、「賛成」という内容が多いようだ。

・選挙のことを若い頃から意識するのはいいことだと思います
・まだ未成年だけど政治についてちゃんと考えているので選挙権ほしいです
・選挙にいく人がひとりでも増えてほしいと思うのでよいのではないでしょうか

また、基本的には賛成ではあるが、条件付きであるという意見も。

・学校教育の中に政治について学ぶ機会を増やすことも同時に行うなら
・未成年であっても社会に出て働き、税金を納めている人には与えるべきだと思います

政治について考えることが重要であるならば、確かにもっと政治について学べる場があったほうがよいように感じられる。自分の一票に重みがあること。それが理解できれば、投票率も改善を見るのではないだろうか。また、社会に出ている人には、あって然るべきものであるのもうなずける。

一方で、投票権の引き下げに反対の声もある。

・いまの制度に問題を感じません。18歳に引き下げてもなにかが変わるとは思えません
・18歳も20歳も政治への意識が低いという点では同じでしょう。それよりも一票の格差
 を是正してほしい

選挙権の引き下げについては、どのような効果が見込めるのかは、実施してみないとわからない部分もある。しかし、政治に関心のある若者が投票権を持つことは、それなりのインパクトになると思いたい。

未来をつくっていくのは、これからを生きる若い世代なのだから。

(イノウエアキオ)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
公職選挙法について語ろう!
■「公職選挙法」を語るブログたち
公職選挙法ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>