トラブル続きの「めちゃイケ」はどうなる?

フジテレビの人気バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」がこのところトラブル続きだ。

記憶に新しいのは5月3日に放送を予定していたパロディ「阿呆方さん」。STAP細胞問題の渦中にある理化学研究所ユニットリーダー・小保方晴子さんの会見の様子を取り入れたネタだったようだが、予告を見た視聴者から抗議を受け放送は見送りとなった。

また、AKB48の木﨑ゆりあがプロレス企画「めちゃ日本女子プロレス」のリハーサル中に左手首を骨折。全治3~4週間のケガとなった。立て続けにトラブルに舞われているように見える「めちゃイケ」。ブロガーはこの流れをどのように受け止めているのだろうか。

ブロガーの書き込みを見ると、

・阿呆方さんはたとえパロディであってもよくないと思う。あくまでも小保方さんは
 一般人だから
・小保方さんを笑い者にしているように世間には映ると思うけど、制作側にはそれが
 わからないのか?
・お蔵入りは賢明な判断。放送したら大炎上していたでしょうね。予告の段階でよかった

一部には、

・あんまり口立ちして、規制が強化されていくことになれば、視聴者にとっても楽しみが
 減ってしまうのではないでしょうか?

といった意見もあったが「阿呆方さん」に関しては「放送しなくて正解だった」という声が強いようだ。

一方、木﨑ゆりあの件については、

・「めちゃイケ」の流れがよくない感じですね。木﨑さんのようなケースはしょうがない
 と思うけど
・一生懸命仕事をした結果なんだし、これは番組を攻められないのではないでしょうか?

と擁護する意見もあるが、

・そもそもプロレス企画みたいに過激なことをやろうとするからこういうことになる

といったコメントもアップされていて、捉え方も多様なようだった。

ただ、「めちゃイケ」では、こういったトラブルは今回がはじめてではない。2013年8月の「FNS27時間テレビ」内で放送された「めちゃイケ」の企画「爆烈お父さん」では、出演する加藤浩次がAKB48の渡辺麻友をジャイアントスイングし、その後、頭を蹴りつけたことが問題に。また、“和歌山毒物カレー事件”主犯格の林眞須美夫妻のパロディを放送して物議をかもしたこともあった。

こういう問題が起きると、やり玉にあがるのがフジテレビだ。

・“またフジテレビか!”、というフレーズが当たり前になってきましたね
・「めちゃイケ」がトラブルを招くと、必ずフジテレビ自体が批判される流れが興味深い

先日起きたAKB襲撃事件の被害者であるAKB48の川栄李奈も「めちゃイケ」の企画でブレイクした感のあるひとり。“トラブルの多い「めちゃイケ」”としてくくられてしまわないか気になるところだ。

トラブルが続くなか「もう、打ち切りにしたほうがいいのでは?」という声も聞こえてくる。番組制作側は、これらの出来事をどのように捉えているのだろうか……?

(秋田孝/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
フジテレビについて語ろう!
■「フジテレビ」を語るブログたち
フジテレビブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>