すき家のストライキ騒動をどう思う?

外食大手ゼンショーホールディングスの牛丼チェーン「すき家」がこのところネットのトピックとなって盛り上がっている。

大きな騒動となっていたのは5月29日の出来事だ。29日は“ニク”と呼ぶことができるため、焼肉店で値引きが行われるなど肉を扱う業種にとってはゲンを担ぎたい日だ。

ところがそのように縁起よくあってほしい日に“従業員がストライキを決行予定!”という話が持ち上がった。すき家と言えば、それまでも一人で店舗を切り盛りするワンオペという過酷な業務形態が話題になるなど、従業員の仕事環境が問題視されてきた。

そんな背景もあるなかで、ブロガーたちはこのニクの日のストライキのことをどう捉えたのだろうか?実はこのストライキ、実際にどれくらいの規模で行われたかがはっきりしていない。

・近所の「すき家」はふつうに営業していましたよ
・ストライキってほんとにやってたの?世の中はいたって静かでしたが…

といったコメントがあるかと思えば、

・うちの近くにある「すき家」はずっと休んでるよ。これもストなのか?
・ツイッターに、店が閉まっている画像が結構アップされているみたいだぞww

といった書き込みも。

ネット上には「ストライキ現場の写真」として、労働組合員らしき数名が「すき家スト決行中」の垂れ幕を持っている映像が公開されていたが、実際のところ、それほど規模は大きくなかったようだ。

そもそも「すき家」は、2014年3月に2000店舗中184店が閉店中と発表。人材不足やリニューアルのためとされており、29日に閉まっていた店はストで閉店したというより、以前から店を閉めた状態だったようだ。

ただ、ストライキが懸念されたほどのものではなかったとしてもゼンショーホールディングスは大きな打撃を受けたのではないだろうか。

・すき家のブラック企業ぶりが露呈したな
・ワンオペみたいなことやっているからこういうウワサがリアリティを持つ
・ゼンショーグループの店には行きたくないな。みんなから愛されていない飲食店の
 ものがうまいわけがない

など、ネット上にはゼンショーやすき家を批判するコメントが多い。

すき家は牛丼業界の値下げ戦争を常にリードしてきた存在であり、ユーザーにとってはありがたい存在のはずであるが、だからといって、その値下げのしわ寄せを従業員が受けることにはよい感情が持たれていないようだ。

・「安い」「早い」「それほどうまくない」は、もういいから、経営陣は従業員の
 労務環境を改善してあげて
・ゼンショーはこれまでも労働基準法に違反していることで訴えられること多数、
 消費者もこういうところには行かないようにしたほうがいいんじゃない?

今回のストライキは、ブラック企業とうわさされる会社にとっては、人ごとではなかったはずだ。

少子高齢化により、今後は人材の確保が難しくなると言われている昨今、まともな労務環境を提供していない企業がこれからどんどん表面化してくることになるのかも…。

(イノウエアキオ)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
牛丼について語ろう!
■「牛丼」を語るブログたち
牛丼ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>