父の日は大丈夫?!ネット通販の未着トラブル

商品を選んでポチっとすれば自宅まで届けてくれる便利なネット通販。気軽な買い物ツールとして利用する人が増える一方で、注文した商品が届かないというトラブルも急増しているという。

先日のニュースによれば、国民生活センターに寄せられた「未着」に関する相談件数は、2013年度で1万5364件と、2012年度(5262件)の約3倍とか。詐欺のような悪質サイトが増えているほか、「母の日」など過密期の注文殺到でキャパシティをオーバーし、トラブってしまう業者が発生するなど、様々な要因があるようだ。

あってはならないものの、もはや、いつ自分の身に降りかかってもおかしくない未着トラブル。今年の母の日を振り返ってみると、確かに「配達期日を指定したにも関わらず、その日に届かない」という書き込みが多い。

宅配業者の混雑事情によるものもちらほら見られたが、

・業者が早期販売したくせに、母の日の翌日、届けられないからキャンセルしますだって
・欠品中でいつ入るかわからないって。えー!在庫数とか、欠品中だとか載せとけよ
・母の日ギフトで注文したのが届かない。配送番号も該当無しだったんだけど、詐欺?

など、過大受注によるショップ側の不手際と思われる実態が少なくなかった。

今や星の数ほどあるネット通販ショップの中から一つを選ぶ際、商品価格や送料、特典はもちろん、特にランキングや口コミを参考にする消費者は多いだろう。セールやイベントで同ジャンルのショップが軒を連ねるとなれば、ランキングや口コミ情報に頼る傾向はなお強まると思われる。

ただ、母の日の一件を受けて、

・注文殺到で捌ききれないなら、個数限定して販売すればいい話
・広告を出した店は在庫数を必須にするとか、システム的にも考えないといけないよね
・在庫を出荷できる範囲で少なめに載せるなど、顔が見えない分信用を大切にして欲しい

という書き込みも多い。

利用者発の情報によるランキングや口コミも重視する一方で、未着トラブルを避けるためにも、ショップ側から発信されている対応が誠実か、信頼できるかという根本的な部分に、改めて目を向ける人も増えそうだ。

そうは言っても、実際は相手の顔が見えない世界。例えばきちんと在庫数を示しているのに悪質サイトだった、なんてことも。そこで、初めて利用するショップには、

・会社概要を見たりメールや電話をして「日本語が下手」なら買うのは止めた方がイイ
・自動翻訳のような怪しい日本語や、変な振込先名の際は、注意ですね
・有名な商品が、安すぎる時は疑います
・初めて利用するサイトでは、代引きや後払いを利用した方がいいのかもしれませんね

といった方法で詐欺にあわないよう注意を呼びかけるブロガーも多数。

掘り出しモノや激安品を見つけてついポチっとしてしまったり、上位に格付けられたランキングに安心して気軽にポチっとしてしまったり・・・。魅力的で便利な反面、多くの情報の中で、様々なリスクにも注意を払っていかねばならないネット通販。

間もなくやってくる父の日には、同じようなトラブルが起こらないことを願うばかりだ。

(高宮真琴)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
通販について語ろう!
■「通販」を語るブログたち
通販ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>