「マタニティマーク」を見たら席を譲ってる?

電車に乗っていると、ときどき目にする「マタニティマーク」。赤ちゃんをお母さんが包み込んでいるかのようなこのマークは、身に付けている人が妊妊産婦であることを示すピクトマークだ。

2006年に、妊産婦への社会の気遣いや配慮を促すことができればという思いを込めてつくられたこのマーク。電車の中で見かけた時は、周囲の人はどのような反応を見せているのだろうか。

ブロガーの書き込みを見てみると、

・妊娠初期だと外見ではわからないのでマテニティマークがあると席を譲りやすいですね
・妊婦の人は、万が一があると困るので、積極的にアピールして妊婦であることを
 知らせてほしいですね
・わたしは経産婦なのでつらさがよくわかります。だから、マークを見かけたら積極的に
 声をかけるようにしています

など、マタニティマークに込められた思いのとおり、社会の気遣いの機会をつくることができているようだ。

しかし、その一方でこんな意見もある。

・“席を譲って!”って、アピールをされているみたいで嫌な気分。妊婦だからなんだって
 いうのしょう?
・こちらも毎日仕事でこき使われて疲れているので、マテニティマークを見せつけながら
 目の前に立つのは辞めてほしいです
・お腹が大きいならまだわかるけど、見た目ふつうなのに「席譲れ攻撃」をされても……

マークをつくった思惑とは裏腹に、かえって鼻につくといった意見を持つ人もいる。それも、そんなに少なくない数がいるようだ。

また、ただ単に譲りたくないというだけではなく、

・妊婦さんなんでしょ。幸せなんでしょ。社会的には勝ち組じゃないですか
・結婚もして順風満帆ですってことを伝えられているようで、席を譲る気にはなれません

といった見方もあるようだった。

そんな意見を受けて、妊婦の立場からは、

・マタニティマークをつけていて、席を代わってくれる人はほとんどいません。正直
 立っているだけでもつらいときがあります……
・マタニティマークをつけているときに何度か、嫌そうな顔をされたので、それ以降は
 つけないようになりました

といった意見が。

身体に大きな変化は見られなくても、安定期に入る5ヶ月目までは、妊婦にとってはとくに大切な時期。できれば、電車でも立ち続けるよりは、腰をおろして、楽な体勢が取れたほうがいいはずだ。

マタニティマークだけではなく、ベビーカーも嫌な顔をされるというニュースを見かける昨今。もう少し、気持ちに余裕を持って、いたわり合える世の中にならないものかと思ってしまうのだが……。

(イノウエアキオ)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
赤ちゃんについて語ろう!
■「赤ちゃん」を語るブログたち
赤ちゃんブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>