鮭の皮、食べる派? 食べない派?

自分では当たり前のように思っていても、人の意見を聞くとまったく違っていて、「えっ、そうなの!?」と驚いてしまうことはよくあることだ。

たとえば、鮭の皮にしてもそう。鮭の皮を食べる人にとっては食べるのは当たり前、でも、食べない人には、食べるなんてとんでもない話なのだ。

もしかすると、ふだんはそんなに気にしていなかったかもしれない鮭の皮。ブロガーは食べる派、食べない派で、それぞれどんな意見を持っているのだろうか。さっそく、リサーチしてみた。

全体的な印象としては、鮭の皮は、食べる派のほうが多い様子だった。

・鮭の皮はふつうに食べますね
・子どもの頃から食べているから、食べないということがよくわからない
・友だちが皮を残していたら「くれ」と言って食べてしまうほど好きだけど
・皮だけ残しておいて、最後にお楽しみとして食べる

なるほど。皮好きにとっては、ある意味、鮭の身とはまたひと味違った楽しみを見出している人もいる様子。

鮭の皮は、どんなふうにおいしいのだろうか。

・パリパリしててうまいです
・なんかちょっと脂っこいところがいいんだよな。香ばしいし
・切身ひとつに対して一切れしかないプレミアム感がいいね
・コラーゲンがたっぷりって、テレビ番組で言ってましたよね♪

好きはちゃんと理由があるみたい。

一方の、鮭の皮を食べない派の意見は、

・特にチェーン店のやホテルのモーニングの鮭の皮が苦手。ねとっとして気持ち悪い
・鮭の皮って生臭くないですか?
・生焼け状態の皮はとくにひどい。あえて食べるもんじゃないでしょう

秋刀魚の内臓を、食べる派、食べない派。シシャモの頭を食べる派、食べない派。など、食べ物をどんなふうに食べるかという問題は、さまざま意見が分かれるところだろう。

ちなみに、筆者は、鮭の皮は食べる、秋刀魚の内臓も食べる、シシャモの頭も食べる、と、全部食べる派。あなたはいかがですか?

(イノウエアキオ)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
さけについて語ろう!
■「さけ」を語るブログたち
さけブログランキング

Comment

  1. ナナ より:

    ウナギ好きなので、当然好きなので食べます。

  2. Yonda より:

    外食の「焼鮭」には二種類あって、本来の通り火で焼いたものと蒸したものがあります。
    当然蒸したものの皮はパリッとすることはなく生臭くねっとりして嫌われることが多いでしょう。身も香ばしくなく美味しいものではありません。
    ですが、蒸すと調理が楽なのです。まとめて蒸し器に放り込んで一定時間で取り出せば感性なので。したがって安価な外食店やセルフサービスの店では蒸したものになります。

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>