東京への一極集中をどう思う?

tokyo

東京への人口流入が止まらない。

務省の統計によると、2013年に東京圏に引っ越した人数から転出した人数を引いた「転入超過数」は約9万7千人。首都圏ではなく、単に東京だけでみても約7万人増えていることがわかった。

内閣府はまた、10月18日に「人口、経済社会等の日本の将来像に関する世論調査」の結果を公表。それによると、東京一極集中を「望ましくない」と考えている人は全体の約半数にあたる48.3%に上った。

東京一極集中はなにが問題なのだろうか。そして、なぜ、世論調査で48.3%もの人が、東京一極集中を歓迎していないのであろうか? ブロガーの声をリサーチしてみた。

一極集中を心配する声としては、

・行政機関が首都圏に集中しているのは危険だと思う!
・すでに車の量が多すぎるし、交通量もひどすぎると思うのに……
・ただでさえ土地が高いのに、これ以上人が移り住んできてどうするんだよ~!
・行政などが東京に集中するなかで首都直下地震があったらどうするんだろう?
・大雪とか、災害があったら、ますますひどいパニックが起きそう…

などの意見が並んでいた。

しかし、心配の声が挙がっていても、2020年には東京オリンピックの開催が予定されているなど、やはり東京や首都圏に人が流入する流れは止まることがないようだ。

・そうは言ってもやっぱり便利ではある。都会ならではの楽しみも多いから、特に
 若い人には魅力的な街に映るだろう
・首都圏は仕事があるからね。いい仕事であるかはわからないけれど、少なくとも地方
 よりは仕事があるよ
・人が減っていくまちに漂う寂寥感が苦手。めちゃくちゃなところもあるけれど、都会の
 明るさに惹かれます
・人口の首都圏への集中が気になるなら、なんでオリンピックやるのよ……

一方、2014年7月25日には、内閣官房に「まち・ひと・しごと創生本部」設立準備室が発足するなど、政府による地方移住支援も進みつつある。

だから、というわけではないだろうが、地方に魅力を見出して、地方移住を試みようとしている人たちも少なくないようだ。

・首都圏なんて日本のほんの一部。いろいろな場所に気軽に住めるようになりたいな
・家族と一緒に自然のなかでゆったり暮らしたい。そう考えたら地方しかないと思う
・古きよき日本が残っているのは地方ですよね。もっと地方移住を促進すればいいと
 思います

都会への憧れがあるのと同じように、地方への憧れを持つ人もいる。

しかし、“地方から都会へ”よりも“都会から地方へ”のほうが障壁が高いと感じている人が多いようだ。

・地方移住を考えるときにやはりネックになるのは仕事。ここをクリアできないと厳しい
・地方に憧れがあるのですが、子どもがいるから、教育と医療が充実しているところ
 じゃないと難しい気がする

東京に人口が集中することは、日本人にとってどれほど大きなリスクなのだろうか。日本の多様な魅力を形づくる各地方の美しさを、このまま埋もれさせてしまってもよいのだろうか。自分の幸せのために、どこに暮らすことが正解なのかを、真剣に自分に問いかけてもいいのかもしれない。

(秋田孝/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
東京都について語ろう!
■「東京都」を語るブログたち
東京都ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>