2014年11月のニュース

使ってみてどう?新PC「クロームブック」

chormebook
Chromebook(クロームブック)の国内での一般向け販売が11月11日に始まった。

Chromebookとは、Googleが開発したChrome OSを搭載したノートブックパソコンで、WebブラウザChromeだけが動くパソコンである。

2011年に発売開始とその歴史はそれなりに古いが、日本では法人&教育機関向けに7月から販売が開始され、個人ユーザー向けの発売が待たれていた。 (続きを読む...)

大人がハマるアニメ「団地ともお」の魅力

団地
NHK総合で放送中のアニメ「団地ともお」(毎週土曜午前9時30分から/原作 小田扉)。2003年から「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の漫画で、2013年4月よりテレビアニメ化されている。

アニメ放送開始から1年半以上が経過したが、今もネットには、「最近、知ってハマった」という書き込みが途絶えない。 (続きを読む...)

チョコレートがなくなっちゃうかも!?

chocolate
チョコレートの原料となるカカオ豆の価格が2013年の春から高騰している。

理由は重要と供給のバランスが崩れてきていることにある。ヨーロッパやアジアでカカオの消費量が急増しており、カカオ豆を生産するガーナやコートジボワールなど西アフリカの国々は生産に追いつけていない状況だ。 (続きを読む...)

笑ってはいけないシリーズ」への期待度は?

trap
大みそか恒例の日本テレビ「笑ってはいけない~」シリーズの放送が今年も決定した。これまで、ホテル、スパイ、空港、教師、地球防衛軍などさまざまなシチュエーションで笑いを届けてくれた本シリーズ。今回の舞台は「大脱獄24時!」だ。

「ガースー黒光り中央刑務所」を舞台に、浜田雅功、松本人志、月亭方正、遠藤章造、田中直樹の「ガキ使いやあらへんで!!」メンバー5名が囚人研修員として、さまざまな研修に臨む。 (続きを読む...)

今年はどんな帽子で冬を装う?

ニット帽
この冬、帽子の存在感が大きくなっている。夏の強い日差しを遮るためかと思っていた「つば広ハット」のつばは冬をむかえてより広くなってきているし、防寒のために頭をすっぽり覆うものと信じていたニットキャップは、頭の上にちょこんと乗っている…そう、防寒グッズとしてでなく、ファッションアイテムとしての帽子のお話。

若い世代を中心にファッションアイテムとして積極的にとりいれるようになって久しい帽子は雑誌などで特集が組まれることも多く、ブログ上でも多く語られている。なかでもつば広ハットは目新しいアイテムだが (続きを読む...)

人気ゲーム「ことこと」の魅力

漢字
言葉を使ったパズルゲームアプリ「ことことーラセツとコトダマの国ー」の累計ダウンロード数が、80万人を突破した。ルールの気軽さと、常日頃使用する「ことば」を使った点で人気を博しハマる人が続出中だ。

物語の舞台は言葉から生まれる力「言霊(ことだま)」を利用して独自の発展を遂げた「コトノハの国」。プレイヤーは「言霊師(ことだまし)」となって言葉を操り、モノノケと戦う。 (続きを読む...)

「ひとりウェディング」ってなに?

wedding
ウェディングドレスを着ることは、女性にとってどんな意味を持つのだろう。京都の旅行代理店・チェルカトラベルがはじめた独身女性向けの「ソロウェディングサービス」が注目を集めている。

結婚の予定はないけれどウェディングドレスは着てみたい。そんな女性のニーズを汲み取ったサービスのなかには、実際の結婚式と同じようなブランドドレスを着られるほかヘアメイク、撮影、宿泊などがセットになっている。

近年、ひとりカラオケ、ひとり焼肉など、従来複数人で盛り上がっていたようなコンテンツを、ひとりででも楽しめるようにして提供するサービスが増えている。 (続きを読む...)

1本200円の「キリン 別格」は高い?妥当?

別格
最近、コンビニやスーパーで目を引くゴールドパッケージの飲料シリーズ「キリン 別格」。キリンビバレッジが新しく立ち上げた清涼飲料ブランドだ。

素材や製法にこだわった高品質、高価格のプレミアムラインで、現在は、「日本冠茶」(緑茶)、「希少珈琲」(コーヒー)、「生姜炭酸」(ジンジャーエール)、「黄金鉄観」(青茶)の4商品が出揃っている。

375mlのボトル缶入りで200円(税別)という価格にも関わらず、「気になっていた」「試してみたかった」と購入する人が多数見られ、“ちょっと高くても品質の良いもの”への関心は意外と大きいんじゃないかと思われる。 (続きを読む...)

次は楽曲提供に期待!スマスマに岡村靖幸

カルアミルク
80年代半ばから90年代にかけて唯一無二の存在感を示してきた、“シンガーソングライターダンサー”岡村靖幸。

2004年に約9年ぶりのアルバム「Me-imi」を発表するも、次のアルバム「エチケット」は2011年のリリースと空白期間が目立つが、その後はコンスタントな活動を続けている。

その高い音楽性と愛されるキャラクターからカリスマ的な人気があり、スガシカオ、平井堅、奥田民生などファンを公言するアーティストも多い。 (続きを読む...)

ボジョレーもいいけど日本ワインも人気です

ヌーボー
20日午前0時、本年度のボジョレー・ヌーボーが解禁し盛り上がるワイン市場。本場フランスブルゴーニュ地方の“今年の味”を楽しみにする人は多い。

だが、最近は国産ワインもどんどん海外で評価を上げている。日本産ぶどう100%の「シャトーメルシャン山梨勝沼甲州」は、アジア最大級の国際ワインコンクールで金賞に輝いた。

一本数百円から高いものでは数千万円の値がつくワイン。紀元前五千年以上前からヨーロッパを中心に造られ始め、醸造の様子がピラミッドの壁画にも描かれている。 (続きを読む...)