年金の支払い期間が65歳までになるかも!

By: Sam

By: Sam

厚生労働省は、支払いが義務付けられている国民年金について、国民の支払い期間を、現在の20歳から60歳までより5年間延長する方針で検討を進めているという。つまり、20歳から60歳まで払い続けるはずだった国民年金を、20歳から65歳まで払い続けるようにしようというわけだ。

こういった検討をはじめる理由として、厚生労働省は、希望する人全員を段階的に65歳まで雇用することが企業に義務づけられたことを挙げている。また、国民年金の受け取りが原則65歳となっていることも理由のひとつであるという。

この検討要綱についてブロガーはどのような認識を持ったのだろうか。リサーチをしてみた。まずは、そもそも今回の検討の背景がおかしいのではないかという指摘が目立っていた。

・そもそも支払えるお金がないと、65歳まで年金をもらえなくしたのが先でしょうが
 なにを言っているんだ!
・企業に65歳までの雇用を義務付けたとあるけれど、実際どうなっているのかが全く
 わからない。そんなこと守られているの?給与水準とかどうなのよ?
・まずは雇用確保が先。そういうことが全然できていないのに支払い期間を延ばすって
 どういうこと?
・非正規の人や自営業の人なんかはどうすんのさ

ブロガーたちは、かなりお怒りの様子。それもそのはずだ。年金の受け取りを60歳から65歳へと後ろ倒しにさせて、その間、働けるようになった(はず、な)ので、支払い期間を延ばしてください、というのだからたまったものではない。

年金問題については、誰もがため息をつくばかりのようで、

・この先、年金の受け取り開始年齢も、68歳、70歳、75歳……って感じで、まだまだ
 伸びていくんだろうな
・支払い期間もどんどん伸びていくと思います。少子高齢化や景気の回復という根本的な
 課題の解決ができていないから当然です
・年金についてはもう諦めています。年金は払わずに、老後は生活保護を狙う、とか
 しかないのかなぁ

など、将来について想いを馳せても、明るい要素が見当たらないというコメントが並んでいた。

また、こういった年金の話では、世代間での不満も少なくない様子だ。

・経済成長を謳歌した世代が結局勝ち逃げパターンね。いつ世代間闘争が勃発するのやら
・若い人たちが払っている年金で趣味を楽しんだり、旅行をしたり。年寄り世代は、もう
 ちょっと次の世代のことを考えてほしい!

すでに、制度自体が崩壊しているのではという声も多く、

・「年金100年安心プラン」とかよく言えたものだな。政治家は嘘ばかりじゃないか!
・年金制度は破綻しないというごまかしを言うんじゃない。いいかげん、破綻している
 ことを認めてから対策を練ってほしいよ

年金の支払い額が下がり、支給時期が後退し、支払い期間が延びていく。

年金についてこのところ、よい発表を聞いたためしがない。年金問題に国民が我慢できるのは果していつまでか。みんなが納得のいく情報公開と対策の検討がなければ、政府への批判は今後さらに高まりそうだ。

(イノウエアキオ)

(夏目 昌)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
年金生活について語ろう!
■「年金生活」を語るブログたち
年金生活ブログランキング

Comment

  1. オスカルえっちゃん より:

    もーなんか、わかっていた。年金システムが破綻した時点で。先のこと考えてたら
    まえに進めない、そんな時代ですよね。

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>