土鍋の“秘められた”ポテンシャルとは?

土鍋

寒さも増し、いよいよあったかい鍋料理のおいしい季節。ほかほかの湯気があがる土鍋は、冬の食卓の主役的存在だ。今、この土鍋を鍋料理だけでなく、グラタンやパスタ、蒸し料理など何にでも利用する人が増えている。

気温が下がって来るとブログ上にも、

・寒いから今日はお鍋だね♪
・むしょうにナベが食べたいよーって親にメール
・今夜のおナベのため、トリのつくねをたくさん準備しました
・キムチナベで風邪を飛ばそ~

などのコメントが見られ始め、スーパーなどの野菜売り場でも鍋つゆコーナーが目立つようになってきた。最近は、単身者でも一人用の鍋で楽しむ人が多いため、一人分のパックも豊富だ。

そして、このようなコメントの中で新鮮なのが、

・土鍋でグラタンパーティー。豪快に食べちゃいます
・食卓の真ん中で、土鍋パスタしたら子ども達が喜んでましたよ
・パエリアパエリアどの鍋で…って土鍋があるじゃん!
・ロールキャベツも土鍋で。温めながら食べられて好評です

などの、いわゆる「ナベ」料理以外のメニュー。鍋という調理器は「煮込む」ものに使うとばかり思いがちだが、実は焼いたり蒸したりオーブンに入れたりなんでもOK。一つで何役もこなす、優れものなのだ。

しかも、中の温度がゆっくり上がる土鍋は、食材をじっくり加熱するので、

・おでんとかって土鍋で作るのが一番味がしみる気がしますね
・いつもより、シチューのお肉が柔らかく仕上がった~
・玄米など堅いものを炊く時、ふっくらもちもちにしてくれるよ

といった具合に、素材の美味しさを引き出す働きがある。

根野菜やお米の甘みが増す温度帯「40~60°」を、時間をかけて通るため、より甘みが増すそうだ。また、いったん温度が上がると冷めにくいので、余熱で味をしみ込ませたり、調理したり。ナベ料理だけではもったいないほどのポテンシャルを秘めている。

土鍋調理に目覚めたブロガーの中には、

・ケーキとパンも焼いてみました?
・ダンナが土鍋で作る薫製にハマってるよ。チーズやサーモンなどなど
・ナベ一つで大きいプリンを作り、デコレーションして誕生日仕立てに

と、意外なメニューに活用する人も。

まだまだありそうな土鍋料理に、ぜひチャレンジしてみてはいかが?

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
炊飯器について語ろう!
■「炊飯器」を語るブログたち
炊飯器ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>