2014年11月12日のニュース

流血してもリンクに立つ羽生選手に応援の声

figure
フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦となる中国杯の、11月8日に行われた男子フリースケーティングにおいて、演技前に行われる6分間の練習中、羽生結弦選手が中国のエン・カン選手と激しく衝突。リンクに倒れたまましばらく動くことができず、頭部と顎からは流血した。

そのままフリーを棄権するかと思われたが、羽生選手は包帯を巻いて出場。その結果、前日に開催されたショートプログラムで2位につけていた羽生選手は、合計得点で2位となった。この姿勢は、メディアを含めて大きな反響を呼ぶことになった。 (続きを読む...)