2014年11月13日のニュース

高齢化社会を描いた映画『0.5ミリ』に期待

車椅子
11月8日に、安藤サクラ主演の映画『0.5ミリ』の上映がスタートした。介護問題をテーマに、高齢者のもとに押しかける“押しかけヘルパー”と個性豊かな老人たちとの交流を描いたこの映画。

脚本・監督をつとめる安藤桃子は、安藤サクラの実の姉である。また、エグゼクティブプロデューサーは安藤桃子の実父である奥田瑛二、フードスタイリストは実母の安藤和津が務めるなど、まさに家族ぐるみで関わった作品となっている。 (続きを読む...)