自己流サルベージ・パーティーはいかが?

party

飽食の時代、問題となっている「食品ロス」。毎日大量の食品が食べられずに廃棄されている。

その解決を目指して、今注目されているのが各家庭の余った食材を持ち寄り、プロの料理人に目の前で調理してもらう「サルベージ・パーティ」だ。プロの手にかかると、冷蔵庫の中の“邪魔者”も、立派な一品になると人気を呼んでいる。

食料ロスについて、

・コンビニ弁当が大量に破棄されるのは惜しいよね
・世界には食べられない子ども達もいるというのに日本は…
・あ~、また、野菜を冷蔵庫で腐らせちゃった
・ケーキ屋さんの売れ残ったケーキってどうなるのかとっても気になります

など気にするブロガーは多い。日本では1年間でひとり当たり15キロの食品ロスを出していると言われて(農林水産省最新統計)おり、世界でも有数のフードロス国。この不名誉を解決すべく、まずは家庭レベルで食料廃棄を見直そうというプロジェクトのひとつが「サルベージ・パーティ」だ。

各家庭の冷蔵庫から持ち寄られた「余りそうな食材」を、プロのシェフが調理する。いったいどのようなものが出来上がるのか、体験者のコメントをピックアップしてみると…。

・さすがプロ!余り物をレストランの味に見事変身!
・余り物からイタリアンのコースが出来るとは…美味しかった♪
・なにが出来るかわからない、ワクワク感がやみつきに成りそうですね
・ツナ缶、コーン缶、ちくわのお好み焼き…。目からうろこでした

などなど、様々なメニューが楽しめるよう。シェフだからこそのレシピに触れ、使い慣れない調味料や思いもよらない組み合わせを堪能できるのが醍醐味だ。また、目の前で調理してもらうので、より料理の手順がわかりやすく、自宅で再現しやすいという良さもある。

しかし、広いキッチンスタジをレンタルしたり、プロのシェフに来てもらうのはそれなりの準備も必要。そこで、お手軽に、

・母に「シェフ」役を頼んでみましたよ
・参加メンバーの中で、一番料理上手な人が「シェフ」で良いのでは?
・毎週のママ友との家飲みが、まさにサルパ

など、身近なメンバーで楽しむ人も増えつつある。余り物を美味しく食べる工夫をシェアしている人は、多い。そして中には、「自分だけでなんちゃってサルパしちゃいました~」といった猛者も。

「持ち寄り」よりさらに気軽な「余り物の持ち寄り」。さくっと集まってさくっと誰かが調理して、それも立派な「サルベージ」になりそうだ。

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
食料・農業政策について語ろう!
■「食料・農業政策」を語るブログたち
食料・農業政策ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>