人気ゲーム「ことこと」の魅力

漢字

言葉を使ったパズルゲームアプリ「ことことーラセツとコトダマの国ー」の累計ダウンロード数が、80万人を突破した。ルールの気軽さと、常日頃使用する「ことば」を使った点で人気を博しハマる人が続出中だ。

物語の舞台は言葉から生まれる力「言霊(ことだま)」を利用して独自の発展を遂げた「コトノハの国」。プレイヤーは「言霊師(ことだまし)」となって言葉を操り、モノノケと戦う。

ネット上でも、

・ことこと面白い!通勤中の電車でずっとやってる
・最近ハマっているゲームがある。ことことです
・シラヒメ可愛い~!セリフもかわいいね
・助けて~!何とかならないかな?

などのコメントが見られ、攻略法なども話題となっている様子。

ルールは簡単で、ひらがなが24個並べられた文字パネルから、意味のあることばを探す文字パズルのようなもの。パネルがつながっている必要も無く、離れた場所のパネルでも自由に選べる。これが意外にも面白いようで、

・「ほのお」が炎に変換され、攻撃も炎に!
・「うしおととら」はダメだけど「うしとら」はオッケーでした
・「おにやんま」で打ったら「鬼蜻?」って。疑問系…?
・「きる」が「斬る」なんだねー

と、言霊師たちは楽しんでいるようだ。長い言葉を作ればそれだけ攻撃も強くなり、時間制限も無いのでゆっくり画面に集中できるところも魅力のひとつ。

さらに、一般的な文字パズルと違ってRPGならではのストーリー性があり、曜日ごとに変わるクエストや不定期イベントなどで限定武器を調達し、キャラクターをパワーアップさせる楽しみもある。

やればやるほど、

・う~、奥深い言葉の世界だね
・知らない言葉はいっぱいあるけど、どんどん詳しくなっちゃいます
・辞書を見る時間が確実に増えたよ

など言葉の魅力に目覚める人も多く、「子どもに奨めたいかも」といったママブロガーのコメントも見られた。

今月初めには、お笑い芸人のゴー☆ジャスが、コトノハの世界に落ちてきた!という設定のコラボレーションイベントも好評だった「ことこと」。今後の展開でも、個性的なキャラクターが画面を賑わしてくれそうだ。

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
ゲームについて語ろう!
■「ゲーム」を語るブログたち
ゲームブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>