2014年12月3日のニュース

貧困女子の現実が怖すぎる…

貧困
"20~64歳で一人暮らしをしている女性の3人に1人が貧困状態にある――" 国立社会保障・人口問題研究所がこんな衝撃的なデータを発表した。

貧困とは年収114万円未満の人のことを言うのだが、いま、働く世代の女性3分の1がそんな貧困状態にあるのだそうだ。貧困層の単身女性はその数110万人以上。正規の職につける若い女性が2人に1人しかないなか、状況が改善に向かうこともなく、むしろその実態がじわじわと浮き彫りになりはじめてきている。 (続きを読む...)