デート代って男の奢り?それともワリカン? 

money

時代とともに、常識やスタイルは変化してきた。もちろん、恋愛についての感覚も大きく変わりつつある。

例えば一昔前まで、デートの際の食事代などは男性が払うことがスマートとされ、女性もそれを喜んで受けることが多かった。しかし最近は「ワリカン」を当たり前とするカップルも少なくないという。

では実際の所、どんな声があがっているのだろうか。まずは男性側の意見からみてみよう。

・ワリカンの方がお互い気を使わなくていい!
・自らワリカンにしてくれる女の子は信頼できるなあ
・最初のデートは奢るけど…さすがにモタない

やはり、ワリカン派の声は多数上がっている。

その多くのコメントになぜか「ケチ」という印象が残らないのが不思議なところ。どちらかというとワリカンをすることの方がスマートにさえ感じる。また自然な流れでお財布を出す女性が好印象であることも分かった。

しかしその一方で、

・女子は綺麗になるためにお金がかかるから、デート代くらいは出してあげたい!
・2人でいるときはお金のことは気せず楽しんでほしい
・好意のない女性にはワリカンだけど、好きな人にはもちろんおごる!

といった奢りたい派の男性も多い。逆に「好意のないことを伝えるためにワリカンをする」という強者までいた。

では男性が、ワリカン派とおごる派に二分するこの状況を、女性ブロガーはどう感じているのだろうか?まずはワリカン否定派の意見もみてみよう。

・奢ってもくれないなんて軽くみられてるんじゃな~い?
・娘がデート代を貸してと言ってきてびっくり!
・ワリカンの際は端数まで計算しようとする男って最低

このようなワリカン反対派の女性は、ブログの内容から比較的に年配であることが分かる。あるいはバブルを経験していたり、お嬢様だったりするのかも知れない。

一方ワリカン肯定派は、

・男性から見返りを求められたくないし、対等な関係でいたいから…
・彼の収入を知っているし、払ってほしいとも思わない
・ワリカンにして、次も遠慮せず誘いたい!

といった様々な角度からの意見が。男性諸君はこの理由を見て、胸を撫で下ろすかもしれない。

男女の収入格差が少なくなってきているという経済的側面や、女性の自立意識の高まりという精神的側面から、デート代は今後もワリカン傾向と思われる。さらに、この「ワリカン」の結果にともない、デートの内容や行き先にも変化がみられるかもしれない。

しかし、端数までのワリカンは確かにみっともないような……。

(平岡あみ/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
デートについて語ろう!
■「デート」を語るブログたち
デートブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>