大根の次は、豆腐でアート!?

豆腐

昨年から大流行している「大根おろしアート」。食卓を簡単にかわいく彩るアイデアとして、大根おろしで作ったシロクマやウサギなどのモチーフが人気を博している。そして今年、卓上アートの素材として新たに登場し、注目されているのが豆腐を使った「豆腐アート」だ。

次々と傑作が生まれ、名人級の作品も見られる大根おろしアートの世界。ブログ上でも、

・おろしdeキティちゃん♪可愛すぎて食べられません!
・オラフを作って鍋に乗せたら、めっちゃウケましたよ
・ネットで見た大根のオバマ大統領…完成度高いね
・新聞で紹介されていた歌舞伎にトライ。おろしと言えばやっぱり和食だしね

などのコメントが、画像とともに多くアップされている。盛りつけを工夫する「デコレーション鍋」人気と相まって、様々な動物や人気キャラクターが食卓を賑わしているようだ。ブームに乗って、外務省公式アカウントでも来年の干支・羊を作った画像が「キャラ鍋にも盛りつけを大事にする和食の精神が活かされている」というコメントとともにツイートされ、話題をさらった。

そして大根に続き、話題となっている「豆腐アート」とは、どのようなものなのか?ブログをのぞいてみると、

・おー!北海道の形にきれいに切り抜いてるね
・豆腐にジバニャン描いてあって癒されるけど…ぐずぐずだね
・これ、バラ?何か良く分からないけど努力は認める
・キュウリでカッパ。甲羅が豆腐だよ

などなど。方法は、豆腐に直接描いたり切り抜いたりと色々あるようだ。

しかしこの豆腐アート、実は「流行らなさそう」という所が一番話題となっている部分でもあり、ブロガーも、

・豆腐に描くのは性質上、ちょっとムリがありそうね
・やってみたけど、ぐちゃぐちゃに。難しいかも…
・なんていうか、工夫しても可愛くない!
・形が崩れてかわいいどころかなんか怖いんですけど

とのコメントをアップ。不評なのに、困難さがかえって話題を呼ぶという、珍しい現象が起きている。

それでもチャレンジする人は、上手く作るコツなどを開発しており、例えば、

・豆腐スタンプ発見!これは便利だし、おススメです
・つまようじはダメだけど、包丁で描くと線がきれいに描けますよ
・高野豆腐を戻す前に模様をつけたらキレイに煮えるのでは?

といったアドバイスも見られる。

今後も画期的なアイデアが出てきそうな「豆腐アート」、ぜひ挑戦してみてはいかが?

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
豆腐について語ろう!
■「豆腐」を語るブログたち
豆腐ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>