二度寝はやっぱり好きですか?

ねる

師走の忙しさで、就寝時間が普段より遅くなっている人も多いはず。さらに朝は寒くて布団から出る気がおきず、そのまま「二度寝」。5分、10分のつもりが、うっかり長い時間寝てしまい、大遅刻なんて失態を演じることもあるのでは?

実際に、多くのブロガーが二度寝による失態をつづっている。

・二度寝のせいでせっかくのデートに遅刻だ…
・今朝は二度寝したのでタクシー通勤です
・二度寝してた…メイクもせずガンダッシュ!!

遅刻にはならなくても、準備の時間が少なくなる為に、身なりを整えられなかったり朝食をとれなかったりと、その一日に支障がでてしまうこともある。

そうなると分かっていてもしてしまうのが、二度寝。その魅力は人をとりこにしてしまうようで…

・寒い冬に布団の中でぬくぬく二度寝、最高!
・二度寝で夢うつつになるのが好き
・窓から差し込む日差しが気持ち良い〜
・二度寝して夢の続きみよ!!

という声も。二度寝の最中はレム睡眠という眠りが浅い状態にあるので、夢を見やすく、光や音など周りの刺激も心地よく感じる。このことが、二度寝欲を呼び起こしているようだ。

そんな欲求に打ち勝つために、試行錯誤しているという声も目立つ。

・二度寝防止に、部屋の外にアラーム設置した
・カーテンを開けて寝ると、明るくなるからすっと起きられる!
・起きたらすぐに、布団の上でストレッチします
・計算を解かないと解除できないアラームアプリが優秀!

最近はスマートフォンの目覚まし時計アプリを活用している人も少なくない。浅い眠りの時に起こしてくれたり、何か動作をしないとアラーム音がとまらなかったり、好きなラジオや音楽を流してくれたりとバリエーションも豊富だ。

また、目覚まし機能とは逆に、音や映像の効果で眠りに導いてくれるアプリもある。ベッドに入ってすぐに眠りにつければ、朝もすっきり目覚めることができ、二度寝をしなくてもすむのだ。…それでもついしてしまうのがこわいところなのだが。

(平岡あみ/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
眠りたいについて語ろう!
■「眠りたい」を語るブログたち
眠りたいブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>