ムーミンファンはインテリアまでムーミン!?

ムーミン

幅広い世代から人気のキャラクター、ムーミン。

昨年4月から今年の5月にかけて、日本全国を巡回している『MOOMIN!ムーミン展』なる企画展も好調のようで、連日多くの人が足を運んでいる。また、2月13日には映画『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』も公開予定。ムーミンブームが再来している。

ムーミン展では原画を見に来る人だけではなく、グッズ売り場も大盛況。実際に企画展のグッズ売り場に行ったブロガーは

・展示だけでも盛りだくさんなのに、グッズショップもかなり充実していた!
・グッズショップには長蛇の列。次の予定があったので何も買えず…
・欲しかった限定グッズ、開始一週間でもう売り切れちゃってた、、
・自分用に、お土産用に、ムーミングッズを大量購入!

とコメント。企画展限定のグッズをもタンブラーやマスコットなど、様々な種類のものが販売され、好評を得ている。

さらに、ムーミングッズの人気は展示会場だけにはとどまらない。公式グッズを取り扱った「ムーミンショップ」や公式オンラインストア「All Things MOOMIN」も豊富な品揃えで、ファンを満足させているようだ。

・ムーミンのウォールステッカーをゲット!子供部屋に
・ニョロニョロとムーミン型のランプ、かわいい
・ベットカバーをムーミン柄にしたよ!

展示会場のみならず、自宅や自室でムーミンを身近に感じられるのが魅力なのだろう。熱血なファンからは、ムーミンの生まれ故郷のフィンランド調の家具も取り入れれば、おしゃれに部屋をコーディネートできるとのアドバイスもあった。

なぜムーミンがこれほど人気なのか。ブロガーの声を探っていくと、どうやらビジュアルのかわいさだけではないらしい。独特なキャラクターたちが発するセリフに共感を覚えたり、胸を突かれたりするという。

そんな名言をブログに残している人も多い。

・何とかなる。それは、やることをちゃんとやってる人のセリフ
・誰かを崇拝しすぎると、本当の自由は得られないんだよ
・そのうちなんて当てにならないな。今が“その時”さ
・いいひとだけど、ほかのひとのことを、てんで気にもとめてないような友だちは、
 ぼくは、いらない

このような名言たちは、作品がつくられたフィンランドの文化に基づいているのかもしれない。

フィンランドの教育理念は世界から注目されており、日本でも今年1月 から「ムーミン幼稚園」という施設がオープンし、話題になっているほどだ。

遠い北欧の価値観が、日本人の心にも深く染み入る。これからも、ムーミンシリーズは、老若男女に親しまれる作品であり続けるだろう。

(平岡あみ/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
ムーミンについて語ろう!
■「ムーミン」を語るブログたち
ムーミンブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>