ブロガーの考える“表現の自由”とは?

By: Valentina Media

イスラム教の預言者の風刺画を、フランスの週刊誌「シャルリー・エブド」が掲載したことから起こった、アルカイダによるパリの連続テロ事件。以降、テロに屈せず、“表現の自由”を主張するデモなどの動きが広がる一方で、「“表現の自由”とは何か?」という疑問の声も聞かれるようになっている。

テロに抗議するデモ行進は、欧州を中心としたの首脳40人を含む総勢370万人。国や宗教、立場を越えて、多くの人が「私はシャルリー」の言葉のもと結束した。ブロガーも、

・デモの様子を見て、鳥肌がたちました
・無抵抗の人への暴力は、許しがたいね
・風刺画にはキリストもフランス首相も描かれる。イスラムだけではないのに
・画家は、命がけで描いているんだな

と、追悼と抗議の意を感じさせるコメントをアップした。

歴史上、国や宗教に縛られ続け、それらに対して自由にものを言える権利を勝ち取ってきたフランス市民にとり、シャルリー襲撃は自分を攻撃されたに等しい衝撃があったとする見方が強い。今回の大規模なデモなどは、“表現の自由”が権力その他の抑圧から解放されることを意味し、フランスに限らない多くの現代社会で尊重される概念だということを改めて示した。

しかしその一方で、“表現の自由”に対する疑問の声もまた、世界中から挙がっている。

・あれは侮辱だと思うが…
・テロもだがシャルリーも許せないと感じるイスラム信者は多そうだ
・「私はシャルリーではない」と言えない空気は“自由”だろうか?
・いったい、何様のつもりなんだろう

少なくない人が、テロは許されるべきではないとした上で、このような意見も持っている。アフリカでは死者が出るような「シャルリー・エブト」紙への抗議デモが相次ぎ、フランスの世論調査では市民の4割が「ムハンマドの風刺画を掲載すべきでない」と答えている。

このように、世界を二分するかのような緊張状態が続く中、

・歩み寄りが大切だと思いますね
・圧力で何かを変えることはできない。共存の道を探すしかないでしょう
・武力では解決できないと、アメリカが示したばかりだ
・テロリストとイスラム教を混同してはいけないね!

といった冷静なコメントもブログ上で見られ始めた矢先、今度は「イスラム国」によるテロの刃が日本に向けられた。これ以上、1人の人命も失われないことを祈るほかない。

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
イラクについて語ろう!
■「イラク」を語るブログたち
イラクブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>