ブラック企業の新戦略「オワハラ」とは?

By: Emilien ETIENNE

年度があけて、新4年生になる学生たちは就職活動まっさかり。目標はそれぞれ違えど、どの就活生も「ブラック企業には入りたくない」思っているのではないだろうか。

ブラック企業とは、もともとは悪徳業者や反社会勢力とむすびついている企業のことを指していたが、近年は別の意味で使われている。

ひと言でまとめると、「入社を勧められない企業のこと」となるが、実際に就活生たちはこんな企業をブラックだと考えているようだ。

・ブラック企業ではパワハラ・セクハラがあたりまえでしょ
・過労死や自殺が多いのは超ブラック…
・12時間以上の労働で、残業代なしってブラック企業か!
・次々に若者がやめていくのは、企業がブラックなことに問題アリ
・ブラック企業に就職したら結婚、出産ができないらしい

このような職場環境の悪い企業は、できることなら避けたいところ。しかし、大企業であればネットや人づてで評判を知ることができるが、すべての企業の情報収集ができるとは限らない。

そこで、「優良企業だと思っていたのに、入社したらブラック企業だった!」ということにならないために、事前に見分けるポイントを教えてくれるブロガーたちもいる。

・「やる気」や「未来」など抽象的なことを謳っているのはブラックです
・求人広告を打ち出しまくっている会社はNG
・高給を強調しているのはブラック企業の常套手段!
・ブラック企業は、面接が少なく短期間。研修もない

さらに、ブラック企業についてコメントを見ていくと、耳新しいキーワードにたどりついた。それは、就活終われハラスメント、略して「オワハラ」だ。

・オワハラは、他社の面接に行かせない悪質な行為です
・面接に来た就活生から職業選択の自由を奪う、オワハラ
・1人の就活生に対して毎日面接をして拘束するパターンもオワハラ
・採用面接中に、他社に断りの連絡をさせられたとか…

オワハラとは、企業側が内定を辞退されることを防ぐために、面接をした学生の就職活動を終わらせる行為。背景には、就活の後ろ倒しにより企業側が混乱しているということがあるようだ。

それにしても、学生から選択の自由をうばってしまう圧力をかけるのは、ブラック企業に他ならない。

ブラック企業が横行し、過労死があとをたたない日本。すでに就活を終えている人も、これを機に労働環境の改善について考えてみては?

(平岡あみ/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
就活について語ろう!
■「就活」を語るブログたち
就活ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>