選挙権をもらったら、18歳は「大人」か?

By: Eldriva

統一地方選が告示され街に選挙ムードが高まってきているが、これからは選挙戦の雰囲気が少し変わるかもしれない。早ければ来年の夏に控える参議院選挙から18歳以上が選挙権を持つようになる見通しなのである。

選挙権を持つ年齢を18歳に引き下げる公職選挙法の改正が今国会で成立する見込みということで各種メディアが取り上げ、ブログ上でも話題になっている。

・世界的には18歳以上ってのがほとんどなんでしょ?やっと世界標準ということで
・18歳といえば高校生、ほとんどは社会に出ておらず判断力が未熟なのでは
・投票権与えたとしても誰も投票行かないよね。AKBの総選挙と違って誰に入れたら
 いいかわかんないから

など、18歳が選挙に参加するということ自体には賛否両論。

と同時に語られているのが「選挙権がある」=「大人として扱われる」年齢が18歳になるという発想。そのほとんどが「少年法」と共に語られていて

・選挙権を与えられるなら18歳から大人としての義務も課してほしい
・少年法が先でしょう?18歳はもうオトナであると罰せられるようにするべき
・選挙権を持つとは、社会に守られる存在から責任を持つ立場になるということだから
 少年法も改正すべき

など、選挙権以外でも18才を大人とみなすべきという主張が目立つ。川崎でおきた中1男子殺人事件の容疑者が18歳の少年だったことが事件の残酷さとあいまって影響していると思われる。

ただ実際には少年法改正の動きは見えず、18歳を大人として扱うようになる法改正は今のところ公職選挙法にとどまっているため

・なんで選挙権だけが対象になるのか…なんかスッキリしない
・18歳参政権だけがどんどん進められるには何か庶民に知らされない意図があるのかと
 勘ぐってしまう
・選挙権のみを先行させる不思議さ。なんかきな臭い~
・憲法改正したい人たちが、この改定を進めているように思えるのですが?

といった声もちらほら。

賛否あっても背景がアヤシくても、高校生にも投票券が届く日は来るわけで

・たとえ未熟な判断でも「こんな国に住みたい」といった若者の願いが届くことに
 意味がある
・「若者も票を持っている」と老人の方ばかり向いている政治家に意識させるキッカケ
 として重要だと思う
・高校時代に家族と一緒に選挙を経験しておけば、投票には行くものだって習慣になる
 のでは

など前向きにとらえるほうがよさそう。

若い人の1票が彼らの未来を明るいものにする力にするために

・中学でも高校でも政治や法律のことを勉強させて、模擬選挙もさせればいい
・18歳までに政治というものを最低限、でもわかりやすく学べる場を増やさねば
・選挙権をもったら政治や選挙に関心を持つようになるのでは。というか持つように
 教育せねば

といったことを今から始めたほうがよさそうだ。

今20歳以上の人がどれだけ大人か、どれだけ政治や社会について理解して選挙権を行使しているかはいったん置いておいて…。

(夏目 昌)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
公職選挙法について語ろう!
■「公職選挙法」を語るブログたち
公職選挙法ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>