履歴書の「趣味欄」どうしてる?

By: Marc Wathieu

就職活動に欠かせない、“履歴書”。アピールできる書き方のコツを参考にしながらも、一案してしまうのが「趣味」の欄だ。オマケのように感じる人もいると聞くし実は重要なポイントだというウワサもある。ブロガーは、この欄をどのように捉え、書いているのだろうか。

履歴書における「趣味欄」は、

・いっつもここで頭をなやますんだよなぁ
・「趣味」か…なんて書けばいいんだろう?
・正直に「ゲーム」って書いてはいけないような気がする
・趣味ないんだけど、「ナシ」じゃダメかな?

といったコメントにもあるように、スンナリと書けない人が多いよう。あったらあったで、「これは趣味と呼べるのか?」「どのように書いたらいいのかな?」など、悩みは尽きないようだ。

そこで、内定が決まった人がどのように「趣味欄」を書いたのかリサーチしてみた。そこには意外にも、

・Yシャツのアイロンかけってそのまま書いたよ~
・動物番組の鑑賞。面接官も動物好きの人で、ひとしきり会話が続きました
・利き牛乳って書いたらツッコまれたけど内定ゲット!
・趣味も尊敬する人物もお笑いで統一。一部上場ですけどね

など個性的なものが並び、いわゆる「読書」「音楽鑑賞」といったマニュアルどおりのものが少ない。どうやら、面接官の目を引き、個性をアピールするには、より「具体的に」という事がポイントになりそうだ。

面接を経験したブロガーによると、

・経歴はもちろんだけどそれ以上に、私はどんな人間か伺われている気がしました
・殆どの面接時間を「趣味・特技」に費やした。重要なポイントなんだな~
・終わってみれば熱弁をふるえたのは趣味についてのみ。でも受かったよ

と、この欄の重要性を改めて感じたという意見も少なくない。

それで採用・不採用が決まる事はないかもしれないけど、「趣味・特技」には人柄や価値観、オフの時間をどう過ごすかなど内面を表しやすいので、そこをよく見ている面接官は多いという。「これはどういうこと?」などと聞かれたら、大きなチャンスなのかもしれない。

最後に先輩達からのアドバイスをピックアップしてみると、

・自分が好きなことを率直に、堂々と書く!
・読書なら、誰のどんな本が好きかとか今まで何冊読んだとか具体的に書くと良いよ
・ここをマニュアルどおりに書くのはもったいないです
・食いつけ~!くらいの気持ちでどんどんアピールした方が◎

ということ。

やり過ぎはもちろんNGだけど、せっかくのアピール欄で自分を知ってもらえるように、しっかり活かしたい。

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
就活について語ろう!
■「就活」を語るブログたち
就活ブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>