話題のゲーム”イングレス”がアツい!

By: iyoupapa

GPSを使って陣取り合戦をするスマホのゲーム「イングレス」が世界中で1000万以上ダウンロードされ、人気を博している。京都・二条城で開催されたイベントにも多くの人が足を運び、日本でも徐々に楽しむ人が増加中だ。

ゲームのプレーヤー(エージェント)は、青か緑どちらかの勢力に属し、街中に開いている「Potal」(ポータル)にアクセスしながら、陣地を拡大してその広さを競う。

最大の特徴は、フィールドが世界そのものであり、ポータルも全て現実世界に存在する建造物などという点。実際に足を運ばないとゲームは進行しないため、

・このゲームを始めて、1日10キロくらい歩くようになってる!
・ちょっとコンビニに行くつもりが、もう1時間も歩き回ってます
・ハマればハマるほど、歩く距離がすごい勢いで伸びていく~

といった具合に、街中を歩き回る「ゲーマー」が急増している。

この点は既存のゲームと全く違い、こうなると当然、

・えーーーー!ゲームに夢中になってるうちに、2キロ痩せてた!
・これはめちゃくちゃ健康にいいかもしれないね
・めっちゃ歩いてるのに全然苦にならないからダイエットに最適かも

というコメントも多く見られ、「フィットネスアプリ」「ダイエットゲーム」などという別称もあるという。

もちろん、「イングレス」の醍醐味はこれだけではない。グーグルマップ上の全世界が舞台という壮大なスケールのため、文字通り世界の果てまで陣地を拡大する事も可能だし、ウロウロ歩き回る事によって、

・イングレスやってたらいろんな発見があるね…こんなところに観音像?
・ウロウロしてたら訳の分からない所に迷い込んだけど新鮮だ
・完全に迷子だけど、夜景がキレイよ
・ゲームしてたらアウトレットモールに入ってたのでついでに買い物♪

などなど、思いもよらない発見や展開に出会うことがあるよう。

このようなゲームでもない限り、足を踏み入れる事のない場所に迷いこみ、おのずと自分のリアルなテリトリーも広がって行く。これは大きな魅力と言えそうだ。

また、

・イベントでポータルを巡るのが好きですね
・ちょっとした旅行感覚でイベントに参加してきました~楽しかったよ
・ただ歩くのとは、違った視点で街を見られるので観光なんかにも良いのでは?

と、プレーヤーが一堂に会して「戦闘」を繰り広げる年4回の公式イベントも好評を博している。

楽しむ人が増えている「イングレス」だが、このような注意を促す人も。

・位置情報が筒抜けになるので、自宅などがわからないようにね
・一応、グーグルアカウントを別にとりましたよ
・女子は、夜間は止めた方が無難です…

確かに、気をつけなければ個人を確定できる要素が露見してしまう可能性は高い。

相応の対策をとりながら、この新感覚ゲームを存分に楽しみたい。

(小玉葉子/effect)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
ゲームについて語ろう!
■「ゲーム」を語るブログたち
ゲームブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>