ケツバットが原因?ドカベン像問題

By: securecat

野球マンガの第一人者として知られる水島新司の地元、新潟市古町通の商店街に設置されたドカベン像がいろいろと話題になっている。

水島新司の代表作「ドカベン」「野球狂の詩」「あぶさん」のキャラクターの銅像7体に対し、水島新司の版権を管理する事務所から突然撤去の要請が来たというのだ。

理由としては「著作権を見直したい」「キャラクター事業を縮小する」「作者の意図に合わない」「管理が行き届いていない」などと報じられているが、事務所からの公式な説明もない状態。

そんなわけでブログでも、

・水島の功績を顕彰し登場人物の銅像を並べた「水島新司漫画ストリート」なのに??
・新潟市と水島新司は昔かなりこじれたことがあるってのは聞いたことあるんですが
 まさかそんなことになっていようとは
・私の母校の卒業生の中で、一番全国に知られている水島新司氏。今回は本当に残念だ

などと、地元の人を中心に困惑の声が上がっている。

「ドカベン」主人公の山田太郎がバットスイングする銅像を使って、女性がケツバットされているような写真が最近流行しており、

・ケツバットガールみたいなのを変に流行らせたのがまずかったのかしらねぇ
・「ケツバット」なんて下品だし、野球の神聖さを貶める行為でしょ。撤去したくなる
 のは作者としては当然でしょう
・ケツバットが原因かどうかは解りませんが、せっかくの観光名所だから、できれば
 残してほしいものですね

など、ネットでは「ケツバットガール」を原因と考えている人が少なくない。

「ケツバットガール」は、フリーペーパー「沖縄美少女図鑑」などを手がける西原伸也が手掛けた写真企画。テレビなどでも紹介され、これをマネしてケツバット写真を撮ってソーシャルメディアに投稿する人が続出している。

ケツバットガールが注目され始めた今年3月ごろには、

・ケツバットされる女子だって…新潟に名所誕生だね
・マンガ・アニメのまち新潟とケツバットガールが融合して新潟の街全体が活性化し
 新潟の発展に結びついていくことを心から願っています
・ケツバットされたい女の子が全国から古町に集まってくる日がくるかもしれません

と、地域活性化に期待の声も上がっていたが、銅像撤去あるいはケツバット禁止なんてことになると残念だ。

ともかく外野がとやかくいってもどうしようもなさそうなこの問題。水島新司サイドと商店街サイドとにキャッチボールしてもらって、いい解決策を見つけてもらうしかないだろう。

(芦之由)
 

 
 ブログランキングならblogram

■その話題、ネゴトで話さない?
ドカベンについて語ろう!
■「ドカベン」を語るブログたち
ドカベンブログランキング

Post Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>